00
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20

ホームへ戻る〓≫
俺は毛筆に念を込める事が出来るぜ
俺が草書体で神仏たちの名を一堂に
書き連ねた掛け軸を拝めばご利益が
あるんだぜ・・・鎌倉時代・「俺」は日蓮
偶像崇拝反対派の急先鋒が発明した
「筆文字信仰」が膿み続ける「ひずみ」
7・7・7・7・7・7・7・7・7・7
@ A B C D
E F G H I
J K L M N
O P Q R S
中山美穂
「BROWNSHOES
(ブラウン・シューズ)」の
フルコーラスに合わせて
歌って下さい。
┬┼┬┼┬┼┼┬┼┬┼┬
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
╋┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻╋
・・別窓にプレーヤーが現れます
╋┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳╋
o┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼o
・・・・・・・・・・・・・・
カラオケの動画のほうは、
残念ながらYouTubeから
見つけることが
できませんでした。
○=◎≡□≡◎=○
・原曲の歌詞を参照する〓≫
拡散希望。
歌って動画にして
upしてくれる人が
いたら嬉しいです。
●推奨音源●
JOYSOUND登録番号939082
●キー調整目安●
原曲キーから
「BROWNSHOES
(ブラウン・シューズ)」
の替え歌
「客席のカラー・ボード」
[この原曲のメロディーの
特性により、創作歌詞の
以下の譜割り表において
各行の最小分解能が
クルクル変わります。
B3連符刻み
G8分音符刻み]
[行をまたいで「+」で
つないでいる箇所は
3連符とその次の音符、または
8分音符とその次の音符との
連続があります。]
[1]
B・・・母(はーは)のー・・恋(こ+
B+いー)人(びとー)・・・|・・・
G・・|・・
G母(ははー)がーおーでーかーけー
Gをーーー
G・・|・・|・・|・・
Gすーーー・・
Gるーーー・・
B・・・アージトー・・と+
B+同(おーな)じー・・・|・・・
G・・|・・
Gアジートーでーのー集(あーつー)
Bまーーりィー[←「りィに」はスラー]
Gにーーー・・[←の音から作る]
G・・|・・|・・|・・
G顔(かーおー)出(だー)しー
Gてー・いーるみーたーいー・住(すー)
Gんーでーるー街(まちーー・)・・・・
G・・こーー
Bこーからーだ+
Gいーぶー
B遠(とーお)+
G+いーーー・・
G・のーにー・
G創(つーく)るーにー
G価値(かーちー)のー・・
G価(かー)と書(かー)きー
Gあーとーわー・・
B・・・学(まーな)ぶー・・・
B・・・会(かーい)でー創(そー
Gおーー)・・価(かー)
G学会(がーァッ・かーいー)
G信者(しーんじゃー)のー
G家(いーえー)でー・・
G座談会(ざーだんーかー
Gいー)だーとー・・
B・・・なーにをー・・・
Gしーてーーるー
Gのーーーーやーーらーー
[2]
B・・・内輪(うーちわー)・・の+
B+行事(ぎょーおじー)・・・|・・・
G・・|・・
Gスタージーアームー貸(かー)しー
G切(きーーー)
G・・|・・|・・|・・
Gりーーー・・
Gにーーー・・
B・・・しーてそー・・の+
B+中(なーか)をー・・・|・・・
G・・|・・
G信者(しんーじゃー)
Gでー埋(うー)めーつー
Bくーーしたー[←「したら」はスラー]
Gらーーー・・[←の音から作る]
G・・|・・|・・|・・
Gグーラーウーンー
Gドー・でーわマースーゲー・ムで+
G+観(かーんー)客(きゃーく)わーー・
G・・|・・
G・・カーー
Bラーア+
G+ボーオードー駆(くー)
G使(しーーー)・・
G・しーてー・
G観客(かーんきゃーくー)
G席(せーきー)にー・・
G次(つーぎ)かーらー
G次(つーぎー)にー・・
B・・・巡(めーぐ)りー・・・
B・・・変(かー)わるー模(もー)
G様(よーー・・おー)
Gをー作(つーくー)るー
G母(はーは)のー
G恋人(こーいーびーとー)・・
G週末(しゅーうまーつー)
Gにー来(きー)てー・・
B・・・そーんなー・・・
G・・ビーデー・
Gオーーー・・
Gをーーー・・
G茶(ちゃー)の間(まー)でー
G見(みー)せーるー・・
G「偉大(いーだいー)なー
Gチーカーラー・・
B・・・我我(わーれわー・・・
Gれー)にーー・・
Gわーーー・あーるーんーだー」とー
G知(しー)らしーめーるーのーにー・・
G見(みー)せつーけーるーのーにー・・
B・・・1生(いーィッしょー)・・・
B・・・懸命(けーんめーいー)
Gなーーー・・
G・・のーねーー
[間奏]
[3]
G1(いー・ちー)
G世帯(せたーいー)にー・
G1枚(いーちーまーいー)
Gずつーー・
G・・・・
G・・あーー
Bのー掛(か)けー軸(じくー)
G配(くーばー)らーーー・・
G・れーるー・
G「鎌倉(かーまくーらー)
G時代(じだい)・のー・・
G日蓮(にーちれーんー)
G上(しょお)人(に・んー)・・
B・・・御霊(みーたまー)・・・
B・・・精霊(せーいれーいー)
G界(かーー・・いー)
Gのー中(なーかー)でー
G1番(いーちばーんー)
G偉(えーらー)いー・・
G神仏(しーんぶーつー)
Gなーのーだー・・」
B・・・「信(しーん)じー・・・
G・・|・・ろー」とーー・・
G・・|・・
G・・|・・|・・|・・
G「こーの掛(かー)けー
G軸(じーくー)わー・・
G日蓮(にーちれーんー)
G様(さーまー)のー・・
B・・・千里(せーんりー)・・・
G眼(がーんーー)・・
G助(たーー・・すー)けーーるー・
Gもーのなーんーだーぞー」とー・・
G「おー見通(みとーおー)しーだー」
Gとー・ふうんーーー・・
B・・聞(きー)きー流(なーがー)すー
Gだーけーーー・
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




ここには 大容量の
gifアニメーションが
添付されています。
このモバイル向けの
テンプレートでは、
モバイル通信への
配慮から、こちらの
gifアニメーションを
非表示としています。
Wi-Fiの環境が確保
されている方は ここ
をタップすることで
gifアニメーションを
別窓でご覧頂けます。


「仏典」はおおまかに2種類に
分けられます。ひとつは厳密な
意味での「仏典」です。ブッダには
生前、アーナンダという名の
付き人(びと)のような弟子がいて、
ブッダの死後(普通に老衰だった
らしい)、そのアーナンダが、
ブッダが弟子達に話した訓話や
迷える人々に教えを説いた法話を
思い出して他の弟子達の前で語り、
その内容を他の弟子達が検証して、
この「結集(けつじゅう)」によって
インドのサンスクリット語の仏典
現代まで伝わる形と成った。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
それに対して、もう1つの種類の
仏典とは、「神話的な逸話(いつわ)」
であり、要は現実からかけ離れた
空想的な創作のエピソードで、
ブッダのカリスマ性やいわゆる
神通力(じんづうりき)を誇張して
おとぎ話風に語られたもので、
いかにも芝居じみていたり、
荒唐無稽(こうとうむけい)で
パロディー感が満載だったりする
もので、まぁそんなものだから、
まっとうに受け取って取り扱う
価値などあるのか?という類いの
「法螺(ほら)吹き伝説」という所の
ものだと思う。まぁ、これは別に
ブッダが法螺を吹いた訳では無く、
法螺を吹いたのは、そんな空想の
おとぎ話を創作した悪ふざけな
悪乗り野郎達なのだろうが。
よって、現代の仏教学者達が
「それは仏典では無い。」と言う
ものは大抵、こちらの部類に
入っているものである。つまり
ブッダの死後に誰かが尾ひれを
付けて話を盛(も)りまくった
伝説の武勇伝ということだ。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
●関連リンク記事〓≫
菩薩とは何か?
菩薩の意味や種類などを解説|
雑学サークル
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
地涌(じゆ)の菩薩(ぼさつ)と
いう仏教用語を目にした時、
↑上の添付画像のような、
地面から上半身が生えている
「植物系の妖怪」の姿をしている
のかと想像した。地面から
涌(わ)くんだから。ちなみに
些細な事だが「涌く」は常用外の
漢字で、「湧く」のほうが常用の
漢字らしい(「湧き水」など)。
・・・「地涌の菩薩」なる仏典の
登場人物というのが『地面から
上半身が生えている「植物系の
妖怪」の姿をしている』のである
のなら、「地涌の菩薩」は法螺話
に登場する空想上の化け物だと
いうことに成ってしまうのだが。
仏典を紐解くと、「地涌の菩薩」は、
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
「ブッダの没後遥か遠い未来に
彼の教えに染まり布教活動に
励む伝道師」達のことを、生前
のブッダが、「彼らは人間界に
生まれる菩薩なのだ」と比喩的
に表現して弟子達に喋った
いう実際のエピソードが元に
なっている。つまり、ブッダが
自分の死後の、自分が生前に
説いてきた教えの「行く末」に
ついて楽観的で希望のある夢
を描いてその夢を弟子達に
吐露した、という事のようだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
・・・まぁ、つまり「生前のブッダに
よる大雑把な予言」ということか。
・・・だが、この予言は必然的に、
以下のように強化されるのである。
ブッダの教えに帰依(きえ)して
布教活動に励むことにより、
それが修行となって伝道師は
「地涌の菩薩」へと成長する。
:::::::::::::
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブッダの教えに帰依(きえ)して
布教活動に励む伝道師は、元々
「地涌の菩薩」として人間界に
生まれてきたのだ。ただ本人に
その自覚が始めは無いだけなのだ。
その者は必然的にブッダの教えの
「伝道師」と成ることで、自分が
生まれながらにして「地涌の菩薩」
だった事を思い出すのである。
・・・ブッダの教えと出会ったのは
「運命の導き」ゆえだったと。
そして信者の中でもランクが上の
「伝道師」と成ったのは自分が
「地涌の菩薩」として生まれた事に
よる必然の成り行きだと。
┏━━━━━━━━━━━━━┓
自分は生まれながらにして
「地涌の菩薩」という優れた
人間だった。ブッダの教えの
「伝道師」として精力的に活動
し邁進している今の自分は、
まさに「地涌の菩薩」としての
「面目躍如」の時節を謳歌して
生きているんだ。あぁなんて
自分は幸福で尊いんだろう!
┗━━━━━━━━━━━━━┛
・・・この論理をそのまま踏襲した
うえで、この論理の中の「ブッダ」を
「末法のご本仏・日蓮上人様」へと
すり替えたのが、日本の鎌倉時代
に日蓮宗を創始してその教祖と
成った日蓮なのである。ちなみに
「末法(まっぽう)」とは、紀元前の
5世紀に生きていたブッダの言う
所の「遥か遠い未来」を漢訳した
言葉である。・・・それを言うなら、
ネット以前の「昭和」の時代から
見れば「平成」も「令和」も充分
「末法の世界」と言えるほどの
違いがあると僕は思うけれど。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
なぜ、日蓮宗の総本山大石寺の
直属の在家信者団体として結成
された「創価学会」の「伝道師」達は、
判で押したかのように皆、布教を
「挑まれる側」である無宗教の人々
を軽んじる横柄(おうへい)で高慢
な態度で折伏(しゃくぶく:口説き
落とす事)をしてくるのだろうか?
キリスト教の牧師は「悩める者の
緊張をゆるめ、悩める者の声に
耳を傾けなさい」と修道院で
教えられてきているが、
自称「地涌の菩薩」の
「創価学会」の「伝道師」達は、
自分が「地涌の菩薩」の「面目躍如」
を出来ている事が第1義として
心の中を占めていて、それで
自分自身がご満悦してしまって、
何の因果かそんな「地涌の菩薩」
に布教を「挑まれてしまった側」の
パーソナルな事情・プライベートな
心配事など「別にどうでもいい」と
いう位の勢いなのである。「どうせ
ウチらの信者に成ればチッポケな
悩みなんか全部雲散霧消する事
に決まってるんだから」と、本当に
それ位の勢いで、無宗教の人々に
布教を挑んでくるのだ。だから、
挑まれる側の人々のほうは、
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
●「地涌の菩薩」の兵士に屈服して
飲まれる道を選ぶ奴隷志願者
┣━━━━━━━━━━━━━━┫
●元々友愛に根差すものでは無い
「地涌の菩薩」の自分本位な情熱
を鵜呑みにしない断固拒絶派
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
それらの両極端の2派に分岐する。
創価学会の内部機関紙「聖教新聞」
の信者達によるボランティアの
セールスを「新聞啓蒙(けいもう)」
だと信者の間で呼び合う、そんな
上から目線が堂堂と当然のように
まかり通るのは自称「地涌の菩薩」
ゆえの驕(おご)りなのだろう。
だが、奴らが布教に際して無宗教
の人々に勧める「信者の行ない」は
@掛け軸(神仏の名簿)に向かって
A正座して両手の掌を合わせて
B意味不明な呪文を唱えて
など、生前のブッダが実際には
全く勧めていない事ばかりだ。
(特に@とB。・・・Aについては、
膝関節の軟骨の摩耗などで正座
をする事自体が苦痛な高齢者も
決して少なくは無いだろう。)
だからこそ、奴らの「布教を挑む
その標的」は、ブッダに関する知識
(日蓮との比較をする材料)が無い
者であればあるほど都合がいい
のだろう。「意味など分かりよう
の無い漢文経典の漢字の音読み」
いったい何の学びがあるのかと
顧(かえりみ)る事が無さそうな、
脳内が白紙の人をハントできれば
シメシメという魂胆なのだろう。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
161
耳が辟易(へきえき)する
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
162
隠痴気仏教
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
163
仲間のアジトがあるらしい
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
164
あなたを産むまでの
過酷な道のり
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
165
ドス黒い偶然
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
166
見苦しいほど傲慢(ごうまん)で
尊大(そんだい)な日蓮
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
167
客席のカラー・ボード
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
168
IsthatHangingScrollWantsto
HearaVoiceRecitingaSutra?
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
169
拝んだ分功徳を頂戴?・・・私は
ただ勇気をもらえるだけで充分
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
170
最愛の母と私を隔(へだ)てた
日蓮宗の掛け軸ご本尊
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
171
夜這いされて時々
ギャラリーも居る
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
172
蔓(つる)んで乗り込んでくる
ヤりたい盛(さか)りのオスども
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
173
スポイトによる間接ファックで
生まれた次女・愛理
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
174
宇宙には人々と守護霊の全員
を牛耳る指令室など無かった
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
175
アイドルの親衛隊みたいに
鬼気迫る熱気が充満する宗教団体
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
176
82歳からじわじわ進行脳梗塞で
喋れないし思い出せない歩けない
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
177
創価学会本部第1庶務の美人職員と
小さな平屋の宿泊所で真夜中のH
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
178
貧乏人の子沢山家庭の五男
朝晩仕事漬けの尋常小學生
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
179
カリスマ風のスピーチどころか
まともに喋れなくなった池田大作
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
190
偶像崇拝をしない宗教の
はずなんだけれども
●この懐メロ創作歌詞を開く〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
日蓮正宗の本門の戒壇の大御本尊
は、本当に御真筆なんですか?
日興上人は...
Yahoo!知恵袋
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
仏教の開祖、釈迦とは?
その生涯と“諸行無常”の真理を
わかりやすく解説
【四聖を紐解く@】
LINK@TOYO|東洋大学
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
創価学会は仏教(歴史的釈尊の教え)
ではない!釈尊が捨てた、
バラモン教の教えである!
イエスと釈尊と道元和尚を
考え続ける。日本人と日本歴史
と日本語とを学ぶ。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
日蓮宗の独創的なところ
仏教ウェブ講座
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
創価学会員の選民思想
創価学会はカルトです
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
「信教の自由」と「子どもの人権」の
狭間〜『よく宗教勧誘に来る人
の家に生まれた子の話』を読んで
ハフポスト
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
親が創価学会の子どもの末路
普通のOLの主張
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
創価学会3世だった私が、
創価学会の活動を頑張った理由
活動を一切辞めた理由
Neal|note
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
退会した人は「裏切者」でも
「恩知らず」でも無い。
活動から離れた
創価内部アンチのブログ。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
池田大作の正体
・・・オフレコ発言に垣間見る
「闇討ち将軍」の野望の本音
憂国の武士
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
創価学会の脱会方法と脱会する
3大理由【2019最新版】
宗教.jp
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
「池田先生が仰るのだから、絶対
正しい」:嗚呼、恥ずべき哉、
此の『未成年状態』
学会3世の憂うつ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
とは言え、池田大作名誉会長が
健在だった頃の公式なスピーチ
の原稿も著作も著名人との面談
の録音テープの字起こしである
かのように擬態された対談集も
全て、聖教新聞社の辣腕な社員
や学会本部直属の「特別書籍部」
に任じられた幹部職員ら、本物
のインテリ軍団が知見と筆力を
結集したゴースト・ライティング
によって合作されたものだった
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
名誉会長のゴーストライターの証拠
創価学会批評ブログ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●関連リンク記事〓≫
「人間革命」の執筆体制と長期休載
創価学会はカルトです
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
ちなみに世界じゅうの著名人と
の対談集は、インテリ軍団員の
個々の者が秀でている専門分野
の卓越した知見を活かし、池田
大作名誉会長に成りきって自分
と相性の良さそうな学者・作家・
政治家・NGO活動家に宛てて
学会本部自慢の翻訳部員の介在
によって充実した往復書簡を
交わし、それらを対面対話風に
組み直したものである。つまり
有能な裏方がチカラを合わせて
作り上げたのが池田大作という
稀代のカリスマだったのである
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
::::::::::::::
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
他の連作シリーズへのリンク〓≫
≡目=田=■=田=■=田=■=田=皿>
●FascinatingFoxにメールを送る●
≡目=田=■=田=■=田=■=田=皿>

相互リンクとランキングプラス
自動相互リンクの波
自動相互リンク集 SeoLink Japan
自動相互リンク『リンクマスター』
かんたん自動相互リンク40