性教育の事情 考察記事
記事のリスト
懐メロ創作歌詞37用
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
以下の14個のセクションは
・Kindle本(電子書籍) ・・リンク〓≫
・AmazonのB5判の紙の本
・・リンク〓≫
(MyISBN-デザインエッグ社)
の2種類の形で販売しています。
●書籍の紹介ページ〓≫


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
@性教育の事情考察記事〓≫
お茶の間のTVがかき消す家族団欒
性教育を担うにはほど遠いTV局
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
A性教育の事情考察記事〓≫
性教育の教壇に立つ講師として
適任な女性とは?不適格な女性とは?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
B性教育の事情考察記事〓≫
まずは「ヒトにおける生殖の仕組み」
を「理科」として中学生に教えるべし
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
C性教育の事情考察記事〓≫
「卵胞」「排卵」「着床」に関する
それぞれ3つの「特記すべき事柄」
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
D性教育の事情考察記事〓≫
母親が胎児を孕んで赤ちゃんを
産む為に父親が何をしたのかを
幼児は知らない
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
E性教育の事情考察記事〓≫
世間体を守りたがる保護者が
胎児殺害の主犯であるならば
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
F性教育の事情考察記事〓≫
「堕胎罪」の免責条件:
母体保護法で無罪となる中絶が
仮性妊婦の心を蝕む
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
G性教育の事情考察記事〓≫
少年への性教育など女をあがめる
気の無い悪餓鬼には馬の耳に念仏
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
H性教育の事情考察記事〓≫
家畜は人間によって繁殖を
管理される。人間は家族計画で
子作りを自己管理する。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
I性教育の事情考察記事〓≫
不倫&六本木森ビルTOILETゲリラH
不純異性交遊&街角TOILETゲリラH
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
J性教育の事情考察記事〓≫
粗すぎる藻細工を盾にした擬似本番
⇒ピルを服用してまで真性生中出し
┃┏粗すぎる藻細工を盾にした
┣┫擬似本番ピルを服用
┃┗してまで真性ナマ出し
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏卵巣での卵子の発育と排卵を
┣┫停止させるピルはAV御用達
┃┗の「ドーピング避妊薬」
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏CASE-STUDY
┣┫「エレベーター・ガールVS客」
┣┫パロディー・アダルト・ビデオの
┃┗二次的被害
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┣┳スペクタクルM字開脚・
┃┗指入れ攻撃・潮吹き
┗┳アクロバティック・高難度・
難儀な交尾の体位
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
K性教育の事情考察記事〓≫
AV出演強要の被害者だと主張する
女達が擁護される為に隠している事
┃┏「AV出演強要の被害者」
┣┫だと主張する女達が
┃┗擁護される為に隠している事。
ユーチューバー名:くるみんアロマ
2013年当時の芸名:瑠未くるみ
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏┳スティック状のキャンディーを
┣╋┫舐めさせられ擬似フェラを
┃┗┻撮られた過去で局アナ退社
パッケージの右下でひとりだけ
藻細工による汚染を免れている
┣┳松本圭世(かよ):子宝祈願の
┃┗飴を舐めさせられている画像
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏AV出演強要と人権侵害
┣┫・・・出演を強要されても
┃┗成果を出せた女との違いは?
1作目のみで「次回作は無理」宣言
泡と消えた専属女優香川ルリカ
┃┏オール・ヌード寸前の
┗┫着衣エロス・モデルと性行為を
させられるAV女優との「落差」
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
L妊娠中の母子感染:啓発記事〓≫
新生児の先天性異常を引き起こす
妊娠中の母子感染とその回避策
・・・・妊娠前抗体検査の重要性
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
M性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
江戸の遊廓の遊女に蔓延した「梅毒」
死ぬ職業ゆえ人身売買で小娘を補充
時空の彼方まで梅毒タイムトラベル
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
N性感染症関連動画集〓≫
カンジダ菌が根を張る「畑」は膣と
ベロだけでは無い。食道や小腸も
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
O性感染症関連動画集〓≫
尖圭コンジローマ:性感染症の一種
性器・肛門・直腸に出現するキノコ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
P性教育の事情考察記事〓≫
女が恋に溺れるがゆえのナマ交尾は
準備の無い妊娠で恋愛を自滅させる
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
Q性教育の事情考察記事〓≫
男女がチカラを合わせて作り出す
究極に半人前(0歳)のルームメイト
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

母親が胎児を孕んで赤ちゃんを産む為に
父親が何をしたのかを幼児は知らない
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
╋┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛
夫婦は、生まれた子供を洗脳
しなければならない。最低限の
洗脳を。特に今後複数の子供
を妻が産むつもりなら特に
第一子を念入りにしっかりと。
第二子以降の子供が手本にして
見習ってくれるように。子供に
とって父親というのが何なのか
良く分からなくてもとりあえず
「お父さん」または「父ちゃん」・
「パパ」と呼んで敬意を払って
接してくれるように。
╋━━━━━━━━━━━━━━┓
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
母親は、自分を産んでくれた
年上の女。物心が付く前に
オッパイで分泌される母乳を
飲ませてくれたらしい。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
┣━━━━━━━━━━━━━━┛
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
父親は、年上の男。家族として
自分よりは先輩。どうやら
母親の恋人らしい。自分がこの
家に生まれてきたことに関して
直接の関係は無いらしいが、
外の世界でおカネを稼いで家に
おカネを入れているようなので、
養ってもらっている以上、
お慕(した)い申し上げなければ
ならないようだし、年上で家族
として自分より先輩である以上、
敬(うやま)わなければならない
という事情であるようだ。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
・・・これが、母親と父親が居る
家庭での幼児の頭の中の常識。
「自分の遺伝子情報の半分ずつを
母親と父親の遺伝子から平等に
折半(せっぱん)して受け継いで
いる」なんて露(つゆ)ほども
考えない、そんな事思い付きも
しない幼児に対して、母親には
自然に慕(した)い敬(うやま)い
すがるものだとして、幼児が
父親にまでも慕い敬うように
誘導するには、「洗脳」という
手段に活路を見いだすしか
無いだろう。「お父さん」または
「父ちゃん」・「パパ」と子供に
呼ばせることで、理由や根拠は
ともかく父親とは子供が必ず
慕い敬わなければならない対象
なのだと、大脳に刷り込ませ、
訳も無く思い込ませる。
╋┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┫
子供さえ作っていなければ、
妻は夫を、夫は妻を、苗字では
なく下の名前で呼ぶ。もしくは
下の名前をもじった愛称で呼ぶ。
結婚することで夫婦は妻か夫、
どちらかの苗字に合わせて同じ
苗字になるので、互いに相手を
苗字で呼ぶという選択肢が
消されることになるからだ。
━━━━━━━━━━━━━━━╋
しかし妻は、自分が産んだ子供
には自分のことを名前で呼んで
欲しく無い。夫も、妻が産んだ
子供から自分のことを名前で
呼ばれたくなど無い。なぜか?
親と子供が対等であるみたいに
子供から思われるのがイヤ
だからなのだろうか。これは
自尊心と虚栄心の露骨な現れで
あると言う以外に無いだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━╋
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
子供が母親を呼ぶ時は、必ず
「お母さん」「母ちゃん」「ママ」の
三択から選ばせる。親のことを
戸籍上の名前や名前をもじった
愛称では断じて呼ばせない。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
子供が父親を呼ぶ時は、必ず
「お父さん」「父ちゃん」「パパ」の
三択から選ばせる。親のことを
戸籍上の名前や名前をもじった
愛称では断じて呼ばせない。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
━━━━━━━━━━━━━━━┫
母親が産んだ子供が、発育が
進むにつれて真似して呼んで
くれるように、夫婦は率先して、
子供が生まれた時点から早速、
お互いに相手のことを呼ぶ時に
「家族内での役割を定義するため
の男女別の名称」を用いるように
なる。愛称でも「あなた」でも無く
「お父さん」と、妻が夫を差して
呼ぶ。愛称でも「お前」でも無く
「お母さん」と、夫が妻を差して
呼ぶ。それらの呼び方を子供が
聞き慣れて覚えて口に出して
くれるように。そのために、
まだ第一子を妊娠中で産んでも
いないうちから、「ねえあなた、
もうすぐあなたは『お父さん』
なるのよ。私は『お母さん』
なるのね」と新しい呼び方の
「予行練習」をし始めたりする。
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┫
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛
乳幼児にとって母親とは、食糧
を与えてくれるありがたい存在
である。母乳という唯一無二の
液体栄養食を体内で生産して、
空腹を訴えれば速やかに供給
してくれる。乳首という自前の
飲み口を用意してくれていて、
乳幼児に豊潤な栄養と未知の
病原体への抗体を与えてくれる。
他に下(しも:排泄)の世話・
汚れたオムツの交換・沐浴・
ご機嫌とりや寝かし付け。
母親とは乳幼児にとって、
「なつかなければ自分が生きて
いけなくなるほど重大な存在」
と言って全く過言では無い。
┏┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┣┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛
やがて乳幼児から離脱して
よちよちと歩き始めた頃の幼児
は、母親以外の妊婦を見たり、
母親が自分の弟か妹を身籠って
「外敵を威嚇するフグ」のように
下腹部が丸くポッコリと膨らんだ
臨月の妊婦のボテ腹を見たり
することで、そのボテ腹には
生まれる前の赤ちゃん(胎児)と
体内で胎児を育てるための臓器
が入っているであろうと推察し、
自分も生まれるちょっと前は
あんな形で母親のオナカの中に
居たんだろうなと想いを馳せる
こともあるだろう。母親は、
大人の女が持つ特技によって
自分の小さな分身を生きた複製
として、オナカの中で作り出す
ことが出来る。それが母親の
特質である。よって、生まれる
前の赤ちゃん(胎児)を作り出す
能力を(どんな種類の個人差が
あって優劣が左右されるのかは
子供には計り知れないもので
あるが)発現することが出来ずに
望みが叶わず「私も子供が欲しい
のに」と嘆いてもどかしそうに
している大人の女は、「母親」に
なれる素質を獲得できておらず、
╋━━━━━━━━━━┓
「子宝に恵まれない女」
╋━━━━━━━━━━┛
ということになるのだろう。
==============
その逆の「子宝に恵まれた女」は、
老化の気配が無いみずみずしい
体で、潤沢な体力に支えられた
優位な態勢を維持しながら妊娠・
出産に臨(のぞ)める。そのほう
いいに決まっているのに、
「子供を作れるのが分かっている
けどまだ今は子供を作らない」
というスタンスってなんか
おかしくない?・・・これは
子供の素朴な疑問のタネになる。
==============
大人の女は大人の男と結婚して
妊娠・出産の間に自分を保護して
くれる身近な用心棒ができると
「子宝に恵まれる」ためのスイッチ
が体の中で入る。・・・のならば、
「結婚」をしたのにまだ子供を
「作らない」とか作る「予定」を
立てているとか、そんな風に
簡単に融通がきくの?・・・これは
「タネ明かし」を知らない子供が
考えたら堂々巡りに迷い込む
謎のシチュエーションである。
╋━━━━━━━━━━━━━━┓
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
「タネ明かし」・・・『女が自力で
出来るのは「卵子」を体内で培養
するまでの過程であり、卵子は
「無精卵」なので、男が精巣で
生産して女に送り込む「精子」と
合体しなければ「孵化」しない』
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
┳━━━━━━━━━━━━━━┓
では、幼児にとって父親は何?
╋━━━━━━━━━━━━━━┛
実は、幼児は、父親が(出稼ぎや
単身赴任では無く)家に同居して
いれば、その父親のことを「母親
の恋人」だと思っている。では、
幼児本人にとって「お父さん」
とは何なのか?・・・それは、
「大人の男で家族なんだろう
けど、あまり良く分からない」。
だからせめて「お母さんと一緒
に自分の世話をしてくれる人」
位には昇格したほうがいい。
==============
幼児は、母親の「妊娠するという
特技」は、妊娠中に愛する男が
近くに居れば、オナカの中の
「小さな分身」の顔を愛する男に
「似させることも出来る能力」
というものなのだろうと推論
する。なぜなら、それ以外に
考えようが無いからだ。あの
「この子はお父さん似ね」という
大人のセリフを裏付けうる筋道
に成るような理屈が、他には。
╋━━━━━━━━━━━━━━
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
「この子の体にはお父さんの
血が半分通(かよ)っている」
って、何わかんないことを
言ってるの?自分はお母さんが
産んだ体だからお母さんの血は
「通(かよ)ってる」と思うけど、
「お父さんの血が通(かよ)って」
いるはずが無いじゃないの。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
╋━━━━━━━━━━━━━━
幼児にとって「お父さん」とは、
「お母さんの恋人」。自分に
とっては直接関係の無い大人の
男。ただ成りゆきで同じ家に
住んで顔を合わせているという
だけだけれど、みんな同じ苗字
1つの「家族」であるらしい。
・・・それが「幼児の常識」なので
ある。子供が父親を「お父さん」
と呼ぶのは、物心(ものごころ)
がつく前からそう呼ぶように
調教され習慣づけられたことの
(大人側の)成果でしかない。
「父親の遺伝子の半分を精子から
受け取っている」なんて、子供の
常識から千キロ離れた所に在る。
╋┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┗┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛


性行為に関して個々の人間が
保有する知識の密度・深さの
度合いを決定づけるのは、特に
若年層に限って言えば、裸の体
の表面の泌尿器官に垣間見える
「生殖のための器官」としての
側面に対する「探究心」であろう。
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀
下腹部の底部の前面に明らかな
股間の異物がある男児とは違い
下腹部の底部が「まったいら」で
「べったんこ」で下腹部の底部の
前面から真下にかけて縦方向の
割れ目がひと筋刻まれている
だけの女児の外部泌尿器の外観
であるが、それは前面の中央
のクリトリスと左右の小陰唇が
輪郭を作る縦長の穴であり、
その縦長の穴の中の少しだけ
奥の少しだけ深い辺りに前側
に尿道口が在って、そこから
更に後ろ側にあとひとつ、
オシッコを排出する用途・機能
とは全く関係の無い、女児には
まだ計り知れない用途・機能の
ために既に準備されている穴が
在るなんて、初潮が訪れるより
前の年齢で、その「未知の穴」を
自分の指で見事に探り当てて、
自分の体に於ける存在を確認
している女児はどれ位の割合
居るものなのだろうか?
┣━━━━━━━━━━━━━━┫
女児の陰部の縦の割れ目の中の
少しだけ深い所に「出入り口」
としての穴・女児が自分の指で
いじる必然性の無い穴が在り、
その「必然性の無さ」ゆえに、
その穴の「膣」という名称すら、
少なくとも幼児から小学校の
低学年まで、大人から教えて
もらえない。その存在さえも。
┣━━━━━━━━━┳━━━━┫
プライベートゾーン「膣」
デリケートゾーン1字まで
アソコ長い距離
┣━━━━━━━━━┻━━━━┫
♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┣━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
男児なら陰嚢とペニスの形状。
女児なら大陰唇(縦の割れ目)の
形状。異性のものよりもまずは
同性(自分)のものをより頻繁に
目にして見慣れることになる。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
(親が連れていく銭湯の男湯や
女湯、水泳の授業の前後の
同性・同室での着替えなど)
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
男女共に、男性の陰茎・亀頭も、
女性の小陰唇(縦の割れ目の
縁(ふち)を飾るビラビラ)も、
そのどちらもオシッコの出口で、
泌尿器官の一部でありながら、
生殖のための器官の一部でも
あるけれども、幼児期にはその
後者の側面に気づく「きっかけ」
が無いままおよそ10歳位まで、
男児・女児共に無邪気な時期
をのどかに過ごす訳である。
==============
幼稚園児以下の男子(男児)は
幼稚園児以下の女子(女児)の
下腹部の割れ目に関心が薄い。
自分には(包皮が頑固に被って
いるがゆえの)口紅の形をした
オチンチンがあり、その中に
膀胱から伸びる管(くだ)・尿道が
通っていて、オシッコは尿道を
通りオチンチンの先端から
外界に放出される。女児はただ
オチンチンが無くて、下腹部に
オチンチンの代わりに縦方向の
割れ目があり、オシッコは割れ目
からジャァッと出る。オシッコの
出かた、排尿の経路が違うだけ、
幼児は男児も女児もそう認識
しているから、互いの下腹部の
形状の違いにさほど興味が湧く
ことも無く、例えば水着に
着替えるために同じ空間で、
男児と女児が平気で全裸になり
平然と着替え出来たりする。
==============
幼い男児も女児も、赤ちゃんを
産むのは大人の女であり、その
証拠に妊娠中の大人の女は首が
細く二重顎とかじゃ無くても
オナカだけが丸く膨らみ、その
「生まれる前の赤ちゃんを養育
する臓器」で生育中の胎児を体内
で飼育している、ということを
臨月を過ぎた妊婦の外見から
認識している。だから出産の
日が近づいた妊婦はオナカが
ポンポコリンになっている、と
理屈で分かる。この辺りまでは
大人の持つ常識と共通している。
==============
しかし幼児は、大人の女は妊娠
をすると「生まれる前の赤ちゃん
を養育する臓器」がオナカの中に
作られるものだと考えやすい。
┣━━━━━━━━━━━━┓
胎児とは子宮内膜に根づく
寄生体であり、胎児自身の
細胞の一部を使って羊膜と
臍の緒を作り、羊膜の内面
で自分自身を浮かせるため
の羊水を分泌する。胎児が
子宮内膜に固着し寄生する
仕組みは胎児の遺伝子の
どこかにプログラムされて
あり、子宮は胎児の発育と
羊水の増量に順応して膨脹
し上にある消化器系の臓器
を圧迫し慢性的な胸やけ・
習慣的な嘔吐や食欲減退や
偏食・だるさ等の「つわり」
と総称される体調の悪化を
惹き起こし妊婦に対して
悪趣味な試練を与える。
┣━━━━━━━━━━━━┛
出産の時に赤ちゃんがくぐり
抜けて出てくる通り道である
「産道」も、出産が近くなると
妊婦の体に、育ちきった胎児を
体外に排出するために急遽
突貫で作られる体内の通路で
あって、そこを胎児が頭から
くぐり抜けて出てくるらしい、
生まれるために。とは言えその
産道の出口がどこに開(ひら)く
のかは、正確には分からない。
レアなテレビのドキュメンタリー
でも明瞭には映してくれないが、
「分娩台」というリクライニング
をマックスに倒した肘掛け付きの
椅子に仰向けで乗せられて両脚
をM字に曲げさせられた妊婦の
姿勢からしてなんとなく下腹部
に産道の出口が在るっぽい・・・
┣━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┣━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻┓
「産道」:厳密には「胎児を培養
する子宮と生まれ出る外界との
間のトンネル」を指し、陣痛と
並行して拡張し骨盤の広がり
と共に分娩時に最大限に拡張
するが、分娩時で無ければ子宮
から近い順に「子宮頚管」・「膣」
と呼ばれる。「産道」は、出産に
於いて育ちきった胎児を体外
に排出するための体内の通路
として、幼児・児童にも用語と
意味が正しく理解されていて、
幼児・児童のボキャブラリーに
ほぼ確実に登録されている。
なぜなら、民放TVの地デジに
於いての「放送禁止用語」でも
「準・放送禁止用語」でも無く、
字幕や喋りに於いて検閲の対象
なっていないからである。
┣━━━━━━━━━━━━━━┫
しかし、すべての女性の人体の
パーツとして生まれながらに
備わっていて、大人の男女の間
または思春期・未成年の背伸び
した男女の間で子作り交尾の際
に用いられ人類の繁殖と血筋
の継承を支えてきた「膣」のほう
は、下半身の下着を脱ぎ捨てた
全裸・半裸の男女の卑猥で淫ら
なファックに直結することを
「公序良俗に反する」と主張する
シャレの利かないジェントルマン
とフォーマルレディーの集団に
よる「表面的浄化の陰謀」がこの
国の過去の時代に勝利を収めた
結果、「膣放送禁止用語」と
固定されてしまった。もはや
┣┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┫
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
地球は太陽の周りを回っている
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
┣┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┫
と言えなかったカトリック教会
が支配する西洋の中世のように
┣┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┫
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
膣は人体の表層部にある女性の
生殖器官で、生まれた時点で
既に女性の体に作られている
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
┣┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┫
という真実を民放テレビの
地デジで誰ひとり語ることが
許されないし、テレビの画面の
字幕に「膣」の文字を映すことも
許されていないのが、この国の
「狂った良識」の現状であり実情
なのである。そして公式には
決して語られない言葉が幼児・
児童のボキャブラリーに登録
される確率は限りなく低くなり
「産道=子宮頚管・膣」の公式の
認知度が地を這うこととなる。
┣━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳┛
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
==============
男の場合ぺニスが「外部生殖器」
となるが、性的に成熟した男女
仲睦まじく息の合ったペアを
組んで下腹部・股間から発生する
快感を与え合って味わい合う
「男女交尾」の手順に於いて男が
準備の出来た股間の道具で女の
受け入れ側の穴と繋がるために
女の股間の陰唇(縦の割れ目)の
(オナカよりも)お尻の穴に近い
ほうに狙いを定めて押し当てる
のが、ぺニスの先端で先が丸く
(魚で言う)エラが張り出した形
をした『亀頭(きとう)』であり、
==============
その亀頭を女の股間の「ド真ん中
の穴」に深くめり込ませた時に
そのめり込んでゆく深さを作る
のが、容積が膨張し全体が硬化
して逞(たくま)しい姿となった
臨戦態勢の『陰茎』であるが、
==============
されどその交接のための道具
を形作る2つの部材のうちの1つ
である『亀頭』が包皮によって
四六時中覆(おお)い被(かぶ)せ
られていて『亀頭』と『陰茎』
という2つの構成部品の区切り
外観からは全く見えない、
あの幼児から児童期前半の男の
子の汚珍珍のまるで花が咲く前
の蕾(つぼみ)のような形からは、
それが女の体と合体するための
連結部にもなるという連想には
到底結びつかないものである。
==============
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
==============
女の場合も、泌尿器としての
狭そうな穴の真後ろに更に別の
穴があるとか、その穴が、性的
に成熟した男女が仲睦まじく
息の合ったペアを組んで下腹部・
股間から発生する快感を与え
合って味わい合う「男女交尾」の
手順に於いて準備の出来た男の
股間の道具を受け入れて女が男
と合体するための穴であるとか、
そういう連想をするには幼児の
感性では遠過ぎるものがある。
==============
そもそも、泌尿器系の出口と
消化器系の排泄のための出口の
間に更に別の種類の穴・・・幼児
の段階では何の液体もそこから
出てこない穴・・・があるなんて、
小学校低学年以下の幼女には
(その点について母親から
英才教育を受けていない限り)
知りようも無いことである。
==============
女性の下腹部の底部・左右の
太ももの内側の付け根の間の
「陰部」で縦方向の割れ目を描く
「陰唇」、その佇(たたず)まいに
卑猥な印象を与えるグロテスク
な飾りであり割れ目の縁(ふち)
で花びらのように左右に小さく
開(ひら)く『小陰唇』は、特に
幼児期から児童期・人によっては
それ以降もふっくらした大陰唇
が形作る縦の割れ目の深い溝の
奥に隠れた状態になっている
ケースが多く、大陰唇を自分の
指で横方向に「くぱあ」と広げて
その奥にある小陰唇の花びらを
(鏡に映して)自分で視認すると
いうのは、仕草として、幼児が
敢えて進んで試してみたがる
とは想像しずらいものである。
==============
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
:性別の分岐の起点、いわゆる
:「第一次性徴(せいちょう)期」
:(胎児の時期に母親の胎内で
:男か女の性器が形成される)の
:次の(性的成熟の)段階とされ、
:中学の「保健体育」の教科書に
:性教育が初登場するページで
:男女共に目にするこの用語、
第二次性徴(せいちょう)期
┳━━━━━━━━━━━┳
児童から生徒へと昇格し
男女別の身体的特徴が
増幅する時期
┻━━━━━━━━━━━┻
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
==============
男児であれば朝だち(朝の勃起)
という不意打ちで予測しがたい
現象が自分の身に起こることに
よって、外表面上の泌尿器官と
いう範疇からはみ出した何らか
の得体の知れない機能が男の
泌尿器官(2個の金玉とお珍珍)
に関連づけられているのかも
しれない、・・・という仮説へと
少年の関心を引き寄せるし、
==============
陰茎海綿体が充血して硬くなる
という『勃起』は往々にして
疼(うず)くようなムズムズした
感覚を伴(ともな)い、それは
外から加える刺激でその疼きを
鎮(しず)めたくさせるもので、
欲求に駆られるように自分の手
で硬くなった棒を握って前後に
往復摩擦すると何か手応えの
ある快感が発生したりするから、
そんな自分の体の謎の仕組みに
対する未知への探究心に拍車が
掛かってしまうものである。
==============
汚珍珍の膨張・硬化という現象が
なぜ生じるのかという謎の鍵を
握るのは何なのか、その答を、
大人がもたらした「事前の情報」
によって既に知識として幼児
の頃から得ている少年も稀には
いるだろう(ませガキ)。しかし、
==============
子作りのための男女交尾の儀式
という、勃起陰茎が膣に侵入し
結合して動的刺激を男女で感じ
合う「熱烈な裸の愛と欲の営み」
の男の側の役割を、大人の体に
なった時に務められるように
まだ少し幼いうちから少年の
体(精巣・前立腺・陰茎海綿体)が
「予行演習」を始めているという
謎の現象(汚珍珍の膨張・硬化)の
答を周りの大人から知らされる
ことも何かで読んで知ることも
無いままに「謎の現象」だけが
しっかりと自分の身に起こり、
==============
大人からの予告も無くいきなり
体感させられる奇妙な現象に
当惑し、また、元通りの大きさと
柔らかさに「戻れ」と意思で迅速
に操作できるものでは無いこと
底知れぬ不安を感じたりも
するし、まぁこれはこれで
汚珍珍が立派でカッコいい形に
なって「こういうのもアリかな」
と楽天的に捉える少年も中には
いたりするだろう。「僕の汚珍珍
は、たまに変身するんだ」と。
==============
朝の目覚めの時の身に覚えの
無い勃起・・・通称『朝だち』は
骨のように固くなった陰茎での
難儀な排尿を速やかに済ませる
と程無く勃起が収(おさ)まって
平常時の状態に戻るのが通例で
あるが、その時の「陰茎が異常に
元気な状態」というのは偶発的
に起きるのをその度に驚くしか
無いものなのか?それとも何か
人為的な方法でこの汚珍珍に
宿るあの「異常な元気」を
呼び覚ますことははたして
可能なのだろうか?と少年が
試そうとすると、フニャチンに
ゆるめのセルフ・マッサージを
しばしの間根気よく続ける
というのが1つの方法として
発見されることになる。
==============
しかし、身に覚えも無く勝手に
出来上がる勃起(朝だち)とは
違ってフニャチンにゆるめの
セルフ・マッサージを施すことで
意図的に勃起の状態を汚珍珍に
呼び覚ませるか試すのは退屈を
催(もよお)し、これを退屈だと
感じるほど勃起に到らず不発
に終わってしまう場合があり、
せっかく他の家族・・・親や兄弟・
姉妹などから目撃されない自分
だけの・この試みのためだけの
時間を確保していながらそれが
思うような実験の成果を得る
ことができず不発に終わり
モヤモヤだけが汚珍珍の辺りに
残るのは避けたい訳なので、
陰茎海綿体への血液の流入を
手助けするような「気分誘発剤」
の導入を検討する流れになる。
==============
それは、艶(つや)やかで弾力が
あり触り心地が良さそうな肌を
大胆に露出した美少女や美女の
画像を「観賞しながら」だったり、
「女の裸」・「勃起」などのワードで
検索してヒットした、男性の
主人公にとって都合の良すぎる
展開で進展するエロい体験談
という独白型の短編官能小説を
「読み進みながら」だったりする。
陰茎へのセルフ・マッサージは
自分の利き手を用いるもので
あるために、空いている片手で
画面の操作が出来る仕組みの
媒体であれば都合がいい。
==============
男性を主人公として「男女の
まぐわい」をテーマに話が進行
する独白型の短編官能小説では
そのクライマックスが主人公の
「射精」なるもので締め括られる
のがほぼ定番となっている。
==============
「他人の行為を覗きながら自分
の気持ち良くなる快感発生装置
を自分でイジり硬くして前後
に擦るなどの刺激を加え続けて
いるうちに快感が高みの限界を
突破して白くドロッとした液体
をドピュッ・ドピュッと噴射する」
・・・どうやら「硬くなった汚珍珍
の先っぽ」から。そのような描写
を文章で読む機会を得ることが
先に出来ていた幸運な少年は、
あらかじめ「最後に噴射する」
であろう少量の白く濁った液体
を受け止められるような吸収性
のある物又は程良い容器を
準備し、「勃起」と「往復摩擦」の
あとにどうやら迎えるらしい
「精液の発射」に備えた態勢を
整えた上で、『最終地点』への
初めての到達を目指し、快感と
恐怖が入り混じる中、勃起陰茎
を握った手による連続した往復
の摩擦で快感を積み増しして、
自分自身の根気強い手で、事前
の情報から得られた予告の絵を
自分の体で間近に見て、この時
に陰嚢の上(前立腺)の辺りで
精液を送り出す力強い脈動を
初めて体感し、自分自身の意思
こじあける形で「精通」の儀式
を取り行ない、完結させる。
==============
これは、割りと無難な流れで
少年が「精通」の儀式を自己責任
で取り行ない、完結させるまで
の経緯の1つの例であるが、
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
本人以外の誰かが加担する事例
としては、息子を溺愛する母親
世話好きな姉や習い事の塾
の女性教師に優しく手ほどきを
されて、陰茎(勃起)や前立腺の
辺り(射精時の脈動)に起こる
現象の予告や案内を口頭でして
もらいながら手取り足取りで、
年上の女性のマニキュアを塗った
手や内部洗浄した直腸や(避妊
の備えをした上での)膣で、
温かみをもって「精通」の儀式
を取り行ない、初めての射精の
場面と瞬間を年上の女性と共有
心からの祝辞を頂けて甘美
な思い出として自分史を彩る
というケースもあるだろう。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
或いは逆にその先導者が年上の
男で、「別の形でやり直せたら」
と、自分史の幼児期のページを
セピア色に汚されてしまう残念
でレアなケースもあるだろう。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
発情期にあるメスと盛(さか)り
の憑(つ)いたオスとの交尾に
実際に及ばないうちから、オス
の側に起きる状況・・・吸着性の
ある深い穴の粘膜の襞(ひだ)に
ペニスが包まれて温かみと圧迫
と摩擦で快感がもたらされる
状況を「握って掴んだ自分の手」
で擬似的に再現できて、オス汁
(精液)をメスの膣内に注ぎ込む
という最終行程さえも、膣以外
の物にめがけて噴射すること
で予行演習を行なえる。それは
人間のオスの特異性であるが、
前腕で物を掴める猿のオスは
調教しさえすれば病みつきに
なってこれをするようになる
のかもしれない。いずれにせよ
この「セルフ抜き」という男限定
の嗜(たしな)みが普及している。
==============
その前提で、セルフでは無く
(多くの場合)老女未満の女性が
男性に射精介助を施してあげる
というサービスが商売として
成立している。その中でも
「売春行為」として「春」の文字を
冠することの出来るのはただ
1つの種目のみ、それが、女性が
膣を生身のオナホールとして
提供する本番行為だけである。
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
関連リンク記事〓≫
本番行為の実態を
現役風俗嬢が語る!
iVBVBVBVBVBVBVi
キュリオス
風俗求人・高収入バイト探し
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓