性感染症 蔓延実態 啓発記事
記事のリスト
懐メロ創作歌詞11用
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●明瞭・明解引用記事〓≫
HIV感染症/AIDS(エイズ)概要・症状
遊び半分で感染してもしっかり
医療保険を使える不思議な病気
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
スキン(避妊具)装着厳守を貫いた
元ソープ嬢の警告「NS断固反対」
◎補足:風俗店(全般)と性感染症
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
元NS(ノースキン)ソープ嬢の
惨めで過酷な現役時代回顧録
◎補足:NS嬢を呪うカンジダ膣炎
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
梅毒への無知が生む性風俗感染拡大
ひとりの客から二人分の料金を搾取
するリスキー有料オプションの弊害
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
江戸の遊廓の遊女に蔓延した「梅毒」
死ぬ職業ゆえ人身売買で小娘を補充
時空の彼方まで梅毒タイムトラベル
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

元NS風俗嬢のコラム
不本意ながらもノースキン
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
こちらの記事も合わせて
参考にして下さい。
元ナンバー1風俗嬢が斬る!
NS断固反対!〜警告〜
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
風俗嬢コラム
Worker'sLive!!
GirlsHealthLab
iVBVBVBVBVBVBVi
不本意ながらもノースキン
iVBVBVBVBVBVBVi
Writer:高村なお
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
元記事がPCビューのみで
ガラケー・スマホでは読むのが
難儀なので、こちらに文章の
複写を閲覧用に収めておきます。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒文章引用元URL●⇒
iVBVBVBVBVBVBVi
みなさま、こんにちは。
そしてはじめまして。
「高村なお」と申します。
東日本大震災の一ヶ月後、
長年に渡って勤めてきた吉原の
お風呂屋さんを退店して、今は
自営の仕事をやっています。
いわゆる、「元嬢」です。
さて、
今回お話ししようと思うのは、
いきなりヘビーなネタです。
「ノースキン(又はノンスキン)」
この用語、どれだけ
浸透してるんでしょうね。
「スキン」の反対が「ノースキン」、
つまり、バリアなしでの接客、
高級ソープランドのメインの
サービスに関わる言葉、ですね。
吉原での最後の数年間、わたくし、
その「ノースキン嬢」でした。
スキンからノースキンへの
移行のきっかけは、もともと
崩しがちだった体調の悪化、
そしてガタガタになる出勤、
さらには持病の治療のために
服用した薬の副作用による
顔面ミシュランマン化
(ぱっつぱっつというか真ん丸
というか...)、そして
とてつもなく悪くなった稼ぎ、
です。
そこで一度休んで療養生活を
送れれば良かったのですが、
わたくしには養わなければ
ならない家族がおりまして、
どうにも入院しなきゃ駄目だ
こりゃというところまでは、
とにかく働いてお金を稼ぐ
必要がありました。
ノースキン転向直後は体調の
悪さもあり、当時のわたくし、
フォースの暗黒面に堕ちた
アナキン・スカイウォーカー
以上に心の中は真っ黒でした。
せめてもの幸いとして、
ノースキン転向と体調の
いささかの好転で、最悪の時期に
比べて、稼ぎは増えました。
が、接客の場でどんなに
にこやかに穏やかに振る舞って
いても、しばらくの間のわたくし、
ノースキンで遊んでいく
お客さんがたのこと、
ことごとく大嫌いでした。
そして何より、その選択を
せざるを得なかった自分が、一番
許せませんでした。今思い出すと
たまらなくいたたまれないほど、
荒れました。当時の自分がもし
このような場に文章を寄せさせて
いただく機会を得たならば、まず
「もう自分にはセーフセックスを
語る資格なんかない!」とお断り
したでしょうし、どうしても
書く事になったらお客と自分への
呪いの言葉をれんめんと
書きつづったことと思います。
それでも、ノースキン転向から
しばらく経って、稼ぎの余裕が
気持ちにほんの少しでも余裕を
持ってきた頃から、わたくし、
お客さんがたとこんな会話を
するようになりました。
高村「スキン、どうしましょうか?」
お客「どっちでもいいよ。」
高村(それはもう即座に)
「どっちでもいいなら、
着けますね。」
お客「あ、ちょっと待って!
やっぱり着けなくていいよ!」
不思議なやりとりですが、
この会話、何百回も
繰り返されました。最初から
「僕はスキン着でお願いします」と
申し出て下さったお客さんも
いらした一方で、
「写真出た時ノースキンだって
言われたんだけど。なんで
またいちいち訊くの?」
と、不愉快そうにおっしゃった
方もちらほらと。
できれば都市伝説のたぐいで
あって欲しい「男はみんなナマで
やりたい」という説の裏付けを
取っているようで、日々
がっかりしていたものです。
お客さんがたが
ノースキンを希望なさる理由、
性感の問題以外にもいろいろ
あるようですが...。長く
なりすぎる話ですから、それは
ひとまずおいときましょう。
本番系のお仕事をしている風俗嬢に
とって、スキンを巡るお客さんとの
攻防戦、疲れますよね、
切実な問題ですよね。
できることなら、皆少しでも
安全に、安心して働きたい。
あたりまえの事です。ノースキンで
遊んだそのあとに無邪気にも
「ノースキンでしていて、
怖くないの?」と訊いてくる方も
いらっしゃいましたが、
...怖いに決まってんだろが!
さいわいにして治せないものには
かかりませんでしたが、持病で
弱りぎみのせいもあって、
ノースキン時代はちょくちょく
性感染症にかかってました。
一番よくかかっていたのは、
やはり細菌性膣炎、そして
クラミジア、淋病、トリコモナス
(自分の股から魚河岸系の臭気が!)
そんなあたりを、一通り経験
いたしました。もちろん、
それらと一緒にあるいは合間に、
日和見感染であるカンジダさんも
繰り返し繰り返し…。
自分が感染症に弱いのは
分かり切っていたので、店規定の
検査だけではなく、ちょっと
おかしいなと思ったら即通院そして
検査をするようにしてはいました。
すると、一ヶ月に二度も淋菌感染
したり、三ヶ月連続でクラミジアに
かかったり。もちろん、すみやかに
治療して、完治証明取って職場復帰
していたのですが。短期間での
繰り返しにはかなり、めげました。
このコラムを読んで下さっている
お客さんの方、ノースキンでの
プレイ、もちろん高リスクですよ。
いわゆる「性病」じゃない、
そこいらへんにいる雑菌でも、
性器の粘膜に感染したなら厄介
です。うつされるかもしれないし、
貴方がうつすかも知れない。
そして、今現役で嬢であり、
ノースキンで働いている貴女へ。
...つけたいよなぁ。ゴムずれ問題
とかあるけど、基本、ことごとく
スキン、つけたいよなぁ。
だけど、安全より何より、
とにかく今少しでも多くの金を
稼ぎださねばならない。それも、
少なからぬ嬢が抱える現実って
ものです。かつて、わたくしが
そうでした。
ノースキンで働く嬢の皆様、店が
求めても求めてなくても、定期
検査はきっちりいたしましょう。
そして、ちょっとでもおかしいなと
感じたら、定期検査を待たずすぐ
受診なさいますように。それで
性感染症から逃げられるものでは
ありませんが、早いうちに診断を
つけてもらって治療するのは、
ノースキンの嬢にとっては本当に
本当に、だいじなことです。
そして、何より
これが言いたかったのですが、
「絶対にやりたくなかった」
ノースキンで働くことになったと
しても、自分のことを嫌いに
なったりなさいませんように。
セーフセックスには正解がある。
「正しいこと」を知っていながら、
それができないというのは、
つらいことです。ノースキンで
働いていても病気は怖い。
あたりまえです。ノースキンで
働いていても自分の身体は大事。
これもまた当たり前です。
いっそ、「自分は大丈夫」
「みんなやってる」と信じ込んで
麻痺させちゃった方がラクかも
知れません。スキン着を
つらぬけなかった自分、最低、
へこみにへこみまくる
よりは、こちらの方がまだ心の
健康はましな気もします。が、
自分を責め過ぎても、楽観し
過ぎても、自分を守ることは
むずかしくなりがちで。
嬢時代のわたくしは、腑に落ちない
なりに開き直りを得てなんとか
生き延びましたが、そこに至る
途中、心の面で、自分と
自分に近しい人々をずいぶん
傷付けました。わたくし個人の中
では、今やノースキンで働いていた
ことより、その事の方がずっと
後悔が大きいです。
かつてのわたくしと「同士」の
みなさまが、そんな悲しみや苦しみ
をひとりで背負いませんように。
はらはらしながら、みなさまがたの
上に強運があることを祈ってます。
最後は、かなり古くから使われて
いるらしい、吉原のあいさつで
しめさせていただきます。
みなさま、お稼ぎくださいませ!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2011年春、通算17年に渡る
風俗嬢稼業を終えました。
非本番・本番、非ハコ・ハコ
問わず雑多な業種での勤務経験が
ありますが、一番長かったのは
吉原づとめ。もちろん、一番
愛着があるのも吉原の街。
あまりに好きすぎて、現在は吉原の
お店へのデリバリー中心のメシ屋を
経営。フライパンと自分の頭の
てっぺんから煙を立ち上らせている
日々を送っています。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
iVBVBVBVBVBVBVi
⇒文章引用元URL●⇒
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓