性感染症 蔓延実態 啓発記事
記事のリスト
懐メロ創作歌詞11用
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●明瞭・明解引用記事〓≫
HIV感染症/AIDS(エイズ)概要・症状
遊び半分で感染してもしっかり
医療保険を使える不思議な病気
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
スキン(避妊具)装着厳守を貫いた
元ソープ嬢の警告「NS断固反対」
◎補足:風俗店(全般)と性感染症
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
元NS(ノースキン)ソープ嬢の
惨めで過酷な現役時代回顧録
◎補足:NS嬢を呪うカンジダ膣炎
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
梅毒への無知が生む性風俗感染拡大
ひとりの客から二人分の料金を搾取
するリスキー有料オプションの弊害
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●性感染症蔓延実態啓発記事〓≫
江戸の遊廓の遊女に蔓延した「梅毒」
死ぬ職業ゆえ人身売買で小娘を補充
時空の彼方まで梅毒タイムトラベル
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

HIV感染症/AIDS(エイズ)
概要・症状
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
・YouTube・PickUp動画再生〓≫
エイズAIDS/HIVとは?
iVBVBVBVBVBVBVi
JapaneseHealthPortal
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
iVBVBVBVBVBVBVi
概要
エイズ(AIDS)は
Acquired
Immunodeficiency
Syndrome
(後天性免疫不全症候群)の
略称です。エイズは
HIV(ヒト免疫不全ウイルス
=通称、エイズウイルス)
によって起こる病気です。
血液や体液
(精液、膣分泌液や母乳など)に
含まれるHIVが粘膜や傷口から
体内に入り、さらにCD4と
呼ばれる構造をもつリンパ球
(CD4陽性リンパ球)に
入り込むと感染します。
リンパ球の中で増えた
HIVはリンパ球の外へ出て行き、
新たなリンパ球に感染し増殖を
続けます。その結果、リンパ球
が次々と破壊され免疫能が次第に
低下していきます。
一般的に感染してから数年で
様々な日和見(ひよりみ)感染症
(免疫力があれば問題にならない
病原微生物による感染症)や
悪性腫瘍を発症し、
エイズとなります。
現在、我が国では毎年
1000人以上の新規HIV感染者が
報告されています。その多くは、
異性間または同性間の性的接触に
よるものと推測されています。
自分が知らないうちに、相手が
不特定多数と接触している
場合もあり、感染予防
(コンドームの着用)や早期発見
(抗体検査の受診)などの
啓発が必要です。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集者による挿入リンク
・スキン(避妊具)装着厳守を貫いた
元ソープ嬢の警告「NS断固反対」
・元NS(ノースキン)ソープ嬢の
惨めで苛酷な現役時代回顧録
・セクシー女優のHIV感染発表
発覚以降も撮影行なわれていた!
・驚愕!実は大阪で「エイズ」が
大爆発していた(週刊現代)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
治療をしなければ
一命にかかわる病気ですが、
薬を使った治療法も
めざましく進歩しています。
ウイルスを体から完全に除く
ことは不可能ですが、定期的に
薬を飲み続けることにより、
免疫健常者と変わらない
日常生活を送ることが
可能となっています。
iVBVBVBVBVBVBVi
症状
iVBVBVBVBVBVBVi
・急性期
(感染初期:感染後2週間〜3ヶ月)
発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛
などの風邪やインフルエンザの
ような症状が出る場合があります。
これらの症状は数週間でなくなり、
次の無症候期へ移行します。
iVBVBVBVBVBVBVi
・無症状期
(感染後数年〜10数年)
感染初期には免疫機能が
正常に働くため、いったんは
ウイルスが減少します。そのため
感染初期の症状はなくなり、症状
のない期間が約5〜10年続きます。
この無症状の期間は
人によって差があります。
しかし、HIVはリンパ球を
破壊しながら増え続けます。
その結果リンパ球が次第に減少し、
免疫力が低下していきます。
患者さんによっては経過中に
帯状疱疹(水疱瘡のウイルスが
痛みを伴う水ぶくれを作る)や
口の中のカンジダ症
(カンジダというカビで口の
中や舌の表面が白くなる)が
みられることもあります。
iVBVBVBVBVBVBVi
・エイズ発症期:
免疫力がさらに低下すると、
下痢や寝汗、急激な体重減少などが
みられることがあります。
そのうちに、正常な免疫力があれば
かからないカビ、原虫(寄生虫)、
細菌、ウイルスなどによる日和見
(ひよりみ)感染症や悪性腫瘍、神経
障害など様々な症状が出てきます。
HIV感染者が以下の一覧表に示す
指標疾患に罹患していることが確認
されるとエイズと診断されます。
抗ウイルス療法を受けなかった
場合、感染後の最初の数年間は
毎年1〜2%、その後は毎年およそ
5%がエイズを発症します。
HIVに感染してから10年経つ
までに半数がエイズを発症し、
最終的にはほぼ全員がエイズ
という状態になるはずです。
それは、HIVへの抗ウイルス療法
が未だに普及・浸透していない
国々の惨状によって厳然たる
事実が示されていることで
断言できることです。
(この部分のみ編集者の加筆あり)
iVBVBVBVBVBVBVi
エイズの指標疾患
●真菌症
カンジダ症
(食道、気管、気管支、肺)
クリプトコッカス症(肺以外)
コクシジオイデス症
ヒストプラズマ症
ニューモシスチス肺炎
●細菌感染症
化膿性細菌感染症(13才未満)
サルモネラ菌血症
活動性結核
非結核性抗酸菌症
●腫瘍
カポジ肉腫
原発性脳リンパ腫
非ホジキンリンパ腫
浸潤性子宮頸癌
●原虫症
トキソプラズマ症
クリプトスポリジウム症
イソスポラ症
●ウイルス感染症
サイトメガロウイルス感染症
単純ヘルペス感染症
進行性多巣性白質脳症
●その他
反復性肺炎(1年に2回以上)
リンパ性間質性肺炎
肺リンパ過形成
HIV脳症
HIV消耗性症候群
iVBVBVBVBVBVBVi
⇒●画像引用元URL●⇒

●スマホ用横回転画像〓≫
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
iVBVBVBVBVBVBVi
診断
まず、血液中のHIVに対する抗体
を調べます(スクリーニング法)。
しかし、感染初期に風邪のような
症状で受診した場合に、実際には
HIVに感染しているのに抗体検査が
陰性になることがあります。
(ウィンドウ期間:上図↑参照)
そのため抗体検査が陰性でも
HIV感染が疑われる場合には
しばらく時間をおいて再検査を
行なう必要があります。
また抗体検査では約0.2〜0.3%
が偽陽性(HIVに感染していない
のに検査で陽性と判定される)と
なりますので、陽性と判定された
場合には精密な検査(確認検査)を
行ないます。スクリーニング検査
は保健所で無料で受ける
ことができます。
iVBVBVBVBVBVBVi
治療
治療は、HIVに対する治療と、
日和見(ひよりみ)感染症に対する
予防および治療があります。
iVBVBVBVBVBVBVi
・無症状期にHIV感染が
発見された場合:
直ちに抗HIV薬を始めるとは
限りません。まず、ウイルス量や
リンパ球数を定期的に測定します。
治療開始の基準は新しい研究により
常に変化しますので、その都度
担当医と相談します。現在は
抗ウイルス薬の進歩により、
1日1錠で良いもの、副作用の
少ないもの、食事の影響を
受けにくいものなど様々な
選択肢があります。担当医と
相談し、患者さん本人にとって
続けていきやすい抗ウイルス薬を
選ぶことが重要です。
iVBVBVBVBVBVBVi
・エイズ発症で診断された場合:
エイズ指標疾患の種類によっては、
まず抗HIV療法よりは
指標疾患に対する治療を先に
行なう場合があります。
日本で多くみられる指標疾患は、
結核、ニューモシスチス肺炎、
クリプトコッカス髄膜炎、
サイトメガロウイルス感染症
などです。これらの感染症の
病状が安定し、適切な時期に
HIVの治療を開始します。
iVBVBVBVBVBVBVi
生活上の注意
HIV感染が分かったら、
HIV診療拠点病院を受診し、
担当医、看護師、
ソーシャルワーカー、薬剤師などと
相談し適切な治療、経過観察を
受けることが重要です。
iVBVBVBVBVBVBVi
プライバシーの保護:
この疾患は法律により、保健所へ
報告することが義務づけられて
いますが、その際には名前、
住所、年齢、職業など個人情報は
通知されません。
また、患者さんに相談なく
医療従事者から病気の事が、
たとえ家族でも他の人に
漏れることはありません。
iVBVBVBVBVBVBVi
病名を誰に伝えるか:
HIVに感染していることを
家族や知人、職場や学校など、
どこまで誰に伝えるかに決まりは
ありません。焦らず、精神的に
落ち着いて、十分に考えてから
伝えることが大切です。また、
他人に病気のことをどのように
伝えたらよいかについて
相談することも可能です。
iVBVBVBVBVBVBVi
医療費について:
ソーシャルワーカーに相談しながら
所定の手続きを進めれば、病状に
応じて「後天性免疫機能障害」として
自立支援医療を受けられます。
認定を受ければ医療費の公費助成を
受けることが可能です。
iVBVBVBVBVBVBVi
感染対策:
傷のない他人の皮膚にHIVを含む
血液が付着しても感染しませんが、
感染性のある体液(血液、精液、
膣分泌液、脳脊髄液、母乳)が
粘膜や傷のある皮膚に接触する
ことによって感染します。
具体的には、男性の尿道口付近、
女性の膣の周辺、口の中、肛門や
直腸は粘膜で覆われており、
性交時にHIVが体内に入り込む
ことがあります。
感染をしないために、そして
感染を拡げないために、
性交時には最初から終わりまで
正しくコンドームを装着すること
が大変重要です。しかし、HIVに
感染したことを不運による災難だと
考える人間は自らの不安全な行為に
対する自戒の念が乏しく、逆にHIV
の感染者の仲間(キャリア・メイト)
を増やしたいと企み新たに他人を
巻き添えにしようと不特定多数との
コンドームを着けない性交に励む
というのが通例であるので、
薬害以外の感染者に
助言できる立場である
ソーシャルワーカーは一切の
妥協をせず快楽主義者の感染者に
対し以後の他人との性行為を例外
なく禁じるという断固たる指令を
下すことが、これ以上のHIVの
拡散を防ぐための妥当な方策で
あろうと思われます。
(この部分のみ編集者の加筆あり)
一方、体液の中でも唾液、
涙、尿などからは感染しないと
いわれています。また、
HIVは握手、体に触れる、食事や
回し飲み、共同浴場、トイレ、
プール、シャワー、理容などの
日常行為では感染しません。
iVBVBVBVBVBVBVi
治療薬を休まず続けること:
現在使用されている薬剤は
HIVの増殖を強力に抑制しますが、
HIVを完全に体内から消滅させる
ことは難しく、いったん治療を
開始した場合には生涯継続する
必要があります。
また、抗ウイルス薬を飲んだり
飲まなかったりすることで、
体内のウイルスは薬の効かない
耐性ウイルスに変化することが
あります。そのため、いったん
抗HIV薬が開始されたら耐性
ウイルスを生み出さないために、
定期的な受診と確実な服薬を
継続することが最も重要です。
特に近年、内服を途中で
中断してしまったことによる
抗HIV薬耐性ウィルス発生に
よって、治療が困難になる例が
増加しています。ここ数年で、
服薬回数が少なく、食事の
タイミングによる影響を受けない
抗ウイルス薬が開発されており、
治療を行ないやすくなっています。
iVBVBVBVBVBVBVi
その他の感染症の予防:
リンパ球の数が少ないうちは
日和見(ひよりみ)感染症のリスクが
あります。必要以上に怖がることは
ありませんが、特に加熱不十分な
肉類、魚、卵、生野菜などの
摂取には注意しましょう。また、
感染症の中にはワクチンを接種する
ことで予防ができるものがあります
(具体的には、肺炎球菌、
インフルエンザ、麻しん、風しん、
おたふくかぜ、水疱瘡など)。
リンパ球数にかかわらず、ワクチン
を接種し、感染予防を行なうことは
重要です。接種可能なワクチンに
ついては担当医と相談しましょう。
iVBVBVBVBVBVBVi
⇒●文章引用元URL●⇒
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
関連リンク記事
梅毒
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
≡目=田=■=田=■=田=■=田=皿>
:
:HIVの検査と同時に、梅毒の
:検査も無料で受けられる保健所も
:あります。全国の検査実施機関が
:こちらから検索できます。
: https://www.hivkensa.com
:
≡目=田=■=田=■=田=■=田=皿>