乳癌で病死した美形の妻と
残された夫・娘そして夫の
不倫相手の独身女性との間
に渦巻く人間模様10連作
@ A B C D
E F G H I
・・・を制作するに当たっての
取材ノートをまとめています。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●乳癌検診・豊胸手術関連記事@
法教?訪京?放強?報凶?崩橋?
誤変換注意!
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事A
独身女性の豊胸手術と「いざ結婚」
との間の「驚愕すべき相性の悪さ」
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事B
乳癌と「死のリスク」との関係
乳癌の自己チェック@視診
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事C
乳癌の自己チェックA触診
オッパイを柔らかくする体操
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事D
豊胸手術は複数の男を誘引し女と
しての出番を増やすための飾り立て
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事E
乳癌腫瘍摘出手術概要
「腋の下切開」はガセネタな話
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事F
生命の安全を確保するため病巣に
侵された乳房を捨てるという決断
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事G
「擬態OKな豊胸手術」とは■ケース
ふくよかな乳房をひと回り■バイ
ふくよかにするケースのみ■ケース
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事H
外づけアタッチメントを用いた
「なんちゃって豊胸」のススメ
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事I
「乳房・乳腺・乳首」は未来の新生児を
飢えさせず芳醇な栄養を与える器官
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事J
自分の「貧相な乳房」を「かわいそう」
と自分で憐(あわ)れむ心理とは
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事K
乳房に贅肉という自家脂肪注入@
経年劣化で乳房の中のゴミと化す
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事L
乳房に贅肉という自家脂肪注入A
経年劣化で乳房の中のゴミと化す
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事M
乳腺の組織は思春期に作られる
それを知らない女が平気で豊胸する
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事N
乳癌検診は、豊胸手術後の経過観察
をしてもらえる機会では無いはずだ
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
●乳癌検診・豊胸手術関連記事O
【まとめ】バッグを入れる豊胸の
デメリットを教えてください!
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
豊胸手術で使われるインプラント
(シリコンバッグ・プロテーゼ)は
鏡餅のような形をしていて、色は
乳白色をしています。人間の皮膚
には、黒人で無ければ透過性が
あります。色白(いろじろ)の肌に
静脈の模様が透けて見えるのは
皮膚に透過性がある証拠です。
もしも皮膚の下に埋め込む物の
色が黒であれば、埋設する深さが
浅ければ皮膚にうっすらと黒が
透けて見えてしまうでしょう。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
・YouTube・PickUp動画再生〓≫
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃音声&映像の自動進行情報┃
┠────────────┨
┃埋め込み動画にしています┃
┣━━━━━━━━━━━━┫
━━━━━━━━━━━━
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
━━━━━━━━━━━━
┣━━━━━━━━━━━━┫
┃音声&映像の自動進行情報┃
┠────────────┨
┃埋め込み動画にしています┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

シリコンバッグ・プロテーゼの
解説:自然な感触・動き・柔らかさ
高須幹弥高須クリニック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
美容整形の豊胸手術において、
シリコンバッグを自前の乳房の深部
に『乳腺下法で埋め込む』という
手術を行なう場合には、まずは
全身麻酔をした上で、腋(わき)の
下を切開し、現状の乳房である
「乳腺・皮下脂肪・結合組織」の層と
大胸筋との間に割って入るように
擬似乳房のシリコンバッグをニュルッ
と手際良く押し込んでいきます。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
関連リンク動画特集〓≫
シリコンプロテーゼ乳腺下法
美容整形外科動画MikiTube
美容整形の高須クリニック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「乳腺下埋設法」の動画であれば
まださほどの嫌悪感も無く冷静に
視聴できると思います。しかし
「大胸筋下埋設法」のほうは男性に
とっては嫌な連想が働きやすいと
思います。男性にとって厚みのある
大胸筋は剛健な上半身の象徴であり
「豊胸」によって女の色気と猥褻さを
あからさまに増幅するがためだけに
「筋肉」をインプラントの「被膜」に
「転用」するだなんて、にわかには
信じがたい魔物めいた所業です。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
未婚の女性の乳房は、もしかしたら
将来において「生涯の伴侶」と呼べる
ような男性と出会いナマ交尾をして
みごもって誕生させるかもしれない
新生児のために準備されている大切
な器官です。乳首から滲(し)み出る
母乳を新生児に吸わせて、飢えずに
発育するための栄養を与えます。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
・YouTube・PickUp動画再生〓≫
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃音声&映像の自動進行情報┃
┠────────────┨
┃埋め込み動画にしています┃
┣━━━━━━━━━━━━┫
━━━━━━━━━━━━
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
━━━━━━━━━━━━
┣━━━━━━━━━━━━┫
┃音声&映像の自動進行情報┃
┠────────────┨
┃埋め込み動画にしています┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

母乳で赤ちゃんを育てると
バストの形が崩れるので
人工乳で育てるほうがいいですか?
高須幹弥高須クリニック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「乳房・乳腺・乳首」は「愛する我が子」
が生まれた時に母乳を与えるために
用意されているシステムである。
・・・古来から時空と世代を超えて
長い間人類のメスに共有されて
きたはずの「乳房と乳首」に関する
この「妥当すぎる認識」に揺らぎが
生じてきて、若い独身の女が眼前の
モテ期を謳歌することにのみ夢中に
なって、「未来の我が子」のための
「乳房」を「私物化」し、乳房に内包
されている乳腺の網の目の存在すら
無視して、オッパイの迫力と威圧感
を増大させるためだけに乳房に
異物を埋め込んだり半個体の流体
を乳房に注入したりするように
なってしまったのは、この国では
いつ頃からなのでしょうか?
・・・それはなんと1950年代まで
さかのぼります。その頃にどんな
歴史的な「きっかけ」があったと
言うのでしょうか?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
┏━━┓
概念
┗━━┛
美容外科では、身体特に乳房の
形を整えたり、顔面の凹みや
しわを盛り上げたりするために、
異物を体内に入れます。しかし、
異物の種類によっては体に馴染まず
腫瘤を形成したり、皮膚が炎症を
起こして潰瘍化することがあるため
注意を要します。
┏━━┓
種類
┗━━┛
体内異物には、固形・ジェル・液体・
ジェルや液体を固形のバッグに
封入したものがあります。また、
ジェルや液体のものにはいずれ
吸収されるものと、完全には
吸収されないものがあります。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
⇒●文章引用元URL●⇒
日本形成外科学会>体内異物
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
・・・つまり、美容外科の施術のうち
「(怪我や火傷などの)損傷の修復」
以外は医療(健康増進や病気の治療)
では無いことを充分承知のうえで
顔や体の外見上の不服を肉体的な
「改造」によってかなえてくれる
美容外科医に「頼みたがる人々」が
世の中にはいるようだ、と。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
ゆえに医療(健康増進や病気の治療)
とはかけ離れたこと(体内に異物を
注入したり埋め込んだり)を、
「麻酔と医療器具のチカラを使って
是非とも自分に施して欲しい」
という熱烈な要請を受けて、
美容外科医は施術を行なう。その
魔術を施す分の報酬さえ存分に
もらえれば、「健康増進に寄与する」
という理念に根ざさないことで
あれども、その理由づけを依頼人の
「切なる願い(変身願望)をかなえる」
に置き換えて、健康増進とは完全に
真逆なこと(体内に異物を注入する
とか埋め込むとか)を悪びれもせず
に粛粛(シュクシュク)と行なえる。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
┏━━━━━━━━━━┓
豊胸術◇注入法の時代
┗━━━━━━━━━━┛
戦後の日本でパラフィンやワセリン
などの炭化水素系異物、
シリコンオイルやシリコンジェル
などのシリコン系異物の注入が
行なわれました。
しかしその結果癌と区別できない
腫瘤や異物が全身に転移することが
あり、とくに異物が引き金となって
免疫に異常をきたすことがありうる
とされ(ヒト・アジュバント病)、
社会問題になりました。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
⇒●文章引用元URL●⇒
日本形成外科学会>体内異物
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
太平洋戦争の敗戦後が、どうやら
豊胸手術の黎明(れいめい)期で
あるらしい。この時代についての
記録は他にあるだろうか?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
近年の豊胸術の記録では1950年頃
からパラフィンやシリコンジェルを
皮下に直接注入する方法が
採用されたが、組織の壊死などの
合併症・後遺症が多く発生した。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
⇒●文章引用元URL●⇒
豊胸術の歴史と問題点
:クリニックビューティーあいち
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「1950年頃」=「戦後の日本」だろう。
「パラフィンやワセリン」も、
「シリコンオイルやシリコンジェル」
も半個体の流体。それらを「皮下に
直接注入する方法が採用された」。
・・・そうか。それじゃ「採用された」
は誤りだね。過去に事例が無いのに
「なんとなくやってみた」だけだ。
要はお手軽な人体実験の感覚だ。
天然の巨乳の感触がフワフワだから
とりあえず似たような物(ドロドロ)
を乳房の中に注入すれば柔らかさ
を減じること無く単純に膨らんで
ひと回り豊満な乳房になるだろう、
その程度のお気楽な発想だ。どうせ
始めから「医療(健康増進)」を依頼人
から求められていない訳だし。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
流体性の異物を「皮下に直接注入」
して、「しかしその結果癌と区別
できない腫瘤や異物が全身に転移
することがあり」という現象、これ
まさしく、乳癌の癌細胞が乳腺
に浸潤し腋(わき)の下のリンパ節
に流入してリンパの流れに乗って
全身に転移する最終ステージの展開
と酷似している。「組織の壊死など
の合併症・後遺症が多く発生」もする
だろう。とはいえ医療(健康増進)
にまで関知しなくても責められない
立場で肉体的な改造を優先するのが
美容外科医の本質だとは言っても、
「1950年頃」=「戦後の日本」には
豊胸の事例の蓄積なんてあるはず
が無いのだから、急に沸き起こった
依頼人の「切なる願い(変身願望)」
に対して方法論が追いつかなかった
という「黎明(れいめい)期あるある」
な感じだったと言うべきだろう。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
・・・だが、太平洋戦争の敗戦後に、
「オッパイをなんとかしてもっと
大きくして欲しい」だなんて、
そんな能天気なことを言える女
など果たしていたのだろうか?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●画像引用元URL●⇒


⇒●文章引用元URL●⇒
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┏━━━━━━━━━━┓
老いゆきて、想うこと
┗━━━━━━━━━━┛
昭和9年生まれの老人の
ひとりごとあれこれ
┏━━━━━━━━━━━━┓
終戦当時、街には進駐軍を
相手にする日本女性がいた
┗━━━━━━━━━━━━┛
2014/03/1915:57:38
日記・コラム・つぶやき
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
街の売春婦、パンパンたち
このテーマは前にも記しているが、
重複ながら今一度お読み頂きたい。
それほど思春期に近づいた時期の
少年にとって記憶から消しがたい
想いということだろうか。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
今はすっかり死語になったが、
終戦から数年間、「パンパン」
という言葉が世間に定着していた。
まさに日常語であった。つまり、
進駐軍の兵士を相手に春を売る女性
たちのことである。主に日本の女性
だったと思うが朝鮮の女性も多く
いたという。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
「パンパン」という言葉の由来に
ついては、今もって分からない。
pompomという性交を意味する
英語からきた、という説もあるし、
インドネシア語で女性を意味する
prempuan、プロムパンの
アメリカ訛りと言う説もある。
また、ペンペンという三味線を
表わす擬音語を進駐軍の兵士が
使ったのが日本人にはパンパンと
聞こえた、というもっともらしい
説もあるらしい。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
まあ、それはどうでもよいとして、
パンパンの存在は、終戦直後の
街の風俗になっていた。小倉の
街もその例外ではなかった、
ということだろうか。
彼女たちは、当時の紫川に架かる
常盤橋付近に、夜ともなると
たたずんで相手を誘った。相手は
日本の男ではない。進駐軍の兵士
である。日本の男たちは、見ても
見ぬふりをして素通りしていたし、
女性たちも声をかけなかった。
当時の日本の男たちは、敗戦の
落胆感、占領軍であるアメリカ人
に対する劣等感もあり、おまけに
極度の逼迫した衣食住などが
もたらす生活苦から、セックスの
欲望は二の次になっていた、
ということだろう。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
実際、当時のパンパンというのは、
同じ日本人という意識はあっても、
なにか自分たちとは異質の世界の
住人のように思えたものである。
真っ赤なルージュ、背中が大きく
割れて肌が丸見えのドレス、
金色に染められたヘアー、それに
踵がいやに高い赤やピンクの
極彩色のハイヒール、そんな女性
たちが、昼の日なか進駐軍の兵士と
お互いに手を腰に回しあって、
繁華街を闊歩していた。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
特に、中にオンリーといわれるのが
いた。これは、兵士の中でも
将校クラスの専属で、その将校しか
相手にしない、いわゆる囲い者と
いうところであった。彼女たちの
生活は豪奢で、その将校の力で
住居をあてがわれていたのは勿論、
PX(基地内の兵士専門の売店)
で購入した、およそ当時の一般の
日本人が眼にすることも
できないような食品、日用品が
与えられていた。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
大人たちはそのような
女性たちを賎業に従事する者に
対する、昔からの意識から軽蔑
したが、その一方で
現実の自分たちの生活に比べて
物質的に豊かな彼女たちを
羨望の目で見ることも多かった。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
しかし、いずれにしても、
彼女たちのお陰で一般のいわゆる
良家の子女が辱めを受けずに
済んでいる、ということの認識は
大勢を占めていた、と言うことは
できる。私の両親も、彼女たちを
強く蔑視していたものの、
このような女性たちの必要性は
理解していた、とたまたま傍で
聞いた両親の会話の断片から
想い起こせる。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
実際、当時の政府は、進駐軍を
迎えるに当たって、日本の子女を
その兵士から守るにはどうしたら
よいか、ということを真剣に
問題にし、策を論議した、という
記録がある。進駐軍からも進駐に
当たって対応策を講じるよう、との
要請があった、ということである。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
つまり、彼女たちは世間から蔑視
されたとしても、国策に協力し
日本の一般の子女の防波堤に
なったと言うことであり、実際に
そのことを密やかに主張する
彼女たちがいたし、声高に口にする
大人たちも多くいた。しかし、
進駐軍による日本子女の性的暴行は
多発していた。その重大な事件性の
あるものは、当時の新聞も報道して
いた。ただし、犯人はいつも
「背の高い大男」ということである。
これが、シャーナリストとしての
良心の精一杯の抵抗であったと
いうことであろうか。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
このようなパンパンたちと進駐軍の
実態を、私が少年の時期に初めて
見聞して、これが、被占領地には
売春婦が生まれ、その彼女たちと
占領軍兵士がかかわり合うという
特に珍しくもない常態なのだ、
というような意味のことを、
まだ年端のいかない私には
難しい表現は出来なかったが、
なんとなく理解したものである。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
戦場での軍隊のセックスの処理の
問題は、古今東西を問わず、いつも
ついて回る問題である。明日の命を
保証されない血気盛んな兵士が、
たまたまの安らぎのひと時を得て
考えることの唯一が、女性との
性交渉であっても決して可笑しく
ないし、誰も非難できない。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
ただ、その対応の仕方が、国により
あるいはその軍隊により違っていた
ということはあるに違いない。軍律
の厳しい軍隊は、戦場での現地人の
女性に対する不法な暴虐行為を
防ぐために、軍の命令として職業的
女性、つまり売春婦を専門業者に
ゆだねて一定の施設に集めて、その
運営を厳しく管理させる、という
例も勿論あったに違いない。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
その一方で、軍が管理して兵士に
供するということの無いケースも
あったろうし、そのような場合
は、自然発生的に兵士の周りに
その種の女性が群がってくる、
ということになったであろう。
その女性たちは、現地の人たちで
あったり、またその軍の母国から
はるばる流れてきた人たちで
あったりしたと思う。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
現に、戦中に日本から東南アジアに
流れていった女性たちの話が小説や
映画になって、戦争がもたらした
悲劇として、巷間を賑わした時期が
あった。また、過去の世界大戦では
兵士は被占領地の女性を個々に
おいて勝手に調達することを
軍規にしていた国もあると聞く。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
要するに戦争があれば、戦場での
兵士のセックス処理は避けて
通れない問題であって、その欲望
が満足に満たされない状態で
あると、現地女性への不法な暴虐が
起こるのは必然ということだ。
世界のどの国であっても、
戦地での兵士のために売春婦を、
手段の違いはあっても調達
してきた。そこにはいろいろな
悲劇があったはずである。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
だから、このように考えてくると、
昨今、先の戦争で戦地での日本軍が
売春婦を必要とし、その関わり合い
が世界に類を見ない特殊なもので
あった、かのような非難、中傷が
盛んに為されているが、これは
全く不当な言いがかりというべき
ものであり、或る目的を持った、
ためにする行為だとしか思えない。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
終戦当時、街には進駐軍を
相手にする日本女性がいた。
:老いゆきて、想うこと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
*上にある記述を再度書きますが、
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
未婚の女性の乳房は、もしかしたら
将来において「生涯の伴侶」と呼べる
ような男性と出会いナマ交尾をして
みごもって誕生させるかもしれない
新生児のために準備されている大切
な器官です。乳首から滲(し)み出る
母乳を新生児に吸わせて、飢えずに
発育するための栄養を与えます。
・・・古来から時空と世代を超えて
長い間人類のメスに共有されて
きたはずの「乳房と乳首」に関する
この「妥当すぎる認識」に揺らぎが
生じてきて、若い独身の女が眼前の
モテ期を謳歌することにのみ夢中に
なって、「未来の我が子」のための
「乳房」を「私物化」し、乳房に内包
されている乳腺の網の目の存在すら
無視して、オッパイの迫力と威圧感
を増大させるためだけに乳房に
異物を埋め込んだり半個体の流体
を乳房に注入したりするように
なってしまった、将来種族の存続
と子孫の繁栄と世代交代の中核を
担う若い独身女性として本当に
罰当たりな所業でありますが、
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
若い独身の女性が自分自身の乳房の
中身を汚染し、将来誰かの母親に
なるという使命を腐ったドブの中に
投げ捨てて沈めるという無責任で
嘆(なげ)かわしい愚行の『発端』。
・・・そのこの国での最初のブーム
の実際の背景は、どうやらここに
あるようですね。太平洋戦争の敗戦
のあとの無法状態を緩和するために
旧日本軍の基地や公館などを接収し
何十万人も駐留していた進駐軍の
アメリカ兵士(連合国側の代表)の
ために戦後の日本政府が急遽設営
したアメリカ兵士のためだけの売春
の施設も国内に沢山ありましたが、
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
「施設」では無く「街角・路上」で
アメリカ兵に対し客引きを行なう
個人営業の売春婦はどうしても、
縄張りを共有する同業者達との
「競争」にさらされます。すなわち
良客を射止めるための、血気盛んな
アメリカ兵を誘惑しおびき寄せる
という「競争」です。その「競争」に
おいて優位に立つために、見た目で
インパクトのあるふくよかな乳房
を欲しがり、この動機が太平洋戦争
の敗戦後の日本において極めて
杜撰(ずさん)でお気軽な人体実験
じみた豊胸の施術が行なわれた理由
なのでしょう。太平洋戦争の遠征先
の戦場で見苦しい顔面の傷を負って
日本に帰還した敗残兵も一定数は
いたでしょうから、美容外科医の
需要はあったでしょうし、その
本来の使命以外の「おこづかい稼ぎ」
として、進駐軍の兵士を相手にする
フリーの売春婦のオッパイを様々な
ジェル状の物質を注入し膨らませる
という「お手軽な副業」をしていた、
そういう事情だったのでしょうね。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●画像引用元URL●⇒


┏━━━━━━━━━━━━━━┓
太平洋戦争の敗戦後の無法状態
の緩和のために何十万人も駐留
していた進駐軍のアメリカ兵士
のために戦後の日本政府が急遽
アメリカ兵士のためだけの売春
の施設を国内に相当数設営した
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
太平洋戦争において日本軍の勝利
を「疑うこと無かれ」と連呼し檄を
飛ばしてきた大日本帝国の余りに
ぶざまで無惨な敗北により威厳と
信用がマリアナ海溝よりも深い所
まで落ちてしまった旧日本軍と警察
に代わり、敗戦後の日本の無法状態
を緩和するために連合国側の代表
として日本に降り立った何十万人
ものアメリカ兵士達(進駐軍)。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
彼らは昼間と夜間、治安維持活動や
飢餓に直面している敗戦国民のため
の有り難い食糧の配給や度重なる
空襲によってズタズタにされた都会
のインフラを回復する手伝いなど、
軍務に服し確実に使命を果たして
いながら、薄暗くなると、なぜか、
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
本当にごく一部のアメリカ兵士が
プライベートな時間を活用して、
しばしば徒党を組み、屋外であれば
拉致し屋内であれば乗り込んで、
大柄で屈強なアメリカ軍人に比べ
あまりにもか弱い日本人の女性に
(ヤれる範囲なら)年齢関係無しに
見境いの無い強姦を繰り広げた。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
それは本当にごく一部のアメリカ
兵士によるものだったがなにせ
分母が大き過ぎた(数十万人)。
そして同一犯が味をしめて何度も
プライベートな時間を活用した強姦
を繰り返すせいで、日に日に件数が
かさんでゆく。正式に降伏した国の
非戦闘民の婦女子への凌辱はレッキ
とした戦争犯罪なのだが、戦時中に
国家の威信にのみ頼りすぎて修練を
怠った警察官達はあまりにも無力
で、日が暮れると勃発するヤンチャ
なアメリカ兵士達の「婦女子狩り」
という奔放なグループ活動によって
何の罪も無い沢山の婦女子の純潔が
踏みにじられてしまったのだった。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
戦時中旧日本軍は中盤以降劣勢に
立たされながらもなりふり構わぬ
特攻(自爆&道連れ攻撃)によって
優位に立ち続けるアメリカ軍に対し
「思いがけない戦死」を与え続けて
きた。その「復讐心」が火に油を注ぎ
戦死した同胞の「弔(とむら)い合戦」
と言わんばかりの蛮行が、正式に
降伏をし駐留軍を受け入れたはずの
終戦の国土で繰り広げられてゆく。
「治安維持部隊による夜襲と輪姦」。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
この滅茶苦茶な展開を食い止める
ために、連合国から厳重監視付き
で存続を許された日本国政府は、
この先何年間、母国から離れた
島国で禁欲生活を強いられるか
分からない進駐軍の兵士のために
性欲の捌け口を提供することを
決定した。全国の大都市の遊廓に
全面的な協力を頼むのはもちろん、
新たに民間の、空襲を免れた
しっかりした建物を使い、人員は
遊廓の遊女に頼むだけでは無く、
アメリカ人男性との性交渉(和姦)
の相手を務めてくれる老女未満の
女性を一般人からも募集した。
これを当時の政府は政府の名で、
つまり一切の外部のブローカーを
介さずに行なった。これにより、
外見審査を通過した約5万人の
女性達が政府から正式に依託され
(売春婦という)接客業の働き口を
得ることになったのである。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
終戦から2週間後日本政府は
RAA(特殊慰安施設協会)を設置。
進駐軍兵士から「良家の子女の貞操
を守る」という理由からだった。
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
募集した女性は5万人に及んだ
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
中には戦争で夫や親を失い
生きるすべを失った女性も。
RAAは半年で閉鎖されるが
その後も進駐軍兵士に体を売って
生きる女性たちの存在は
大きな社会問題となった。
世間が向ける厳しいまなざし。
米軍兵士と出会った女性には
越えねばならない壁があった。
兵士たちの慰安婦から1人の兵士
の伴侶になる道を選んだ多くの
「戦争花嫁」が家族の強い反対に
遭っていた。日本人女性と
米国軍兵士の交際を阻んだのは
家族だけではなかった。当時
米国は日本人の入国を厳しく
制限していた。1924年の
いわゆる「排日移民法」で日本人は
「帰化不能外国人」とされた。
やがて軍人の婚約者に限り思想や
身元などについての厳しい審査を
通れば入国ができるようになった。
1950年入国許可が下りた
日本人花嫁は僅か9人。
日本人との結婚を希望する
進駐軍兵士は増え続け、ついに
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
1952年米国は移民法を改正
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
「戦争花嫁」と呼ばれた女性たちは、
終戦後進駐軍の米軍兵士と結婚し
夫の国で生きていくことを選んだ。
戦後の混乱が続いていた日本を離れ
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
米国人との結婚に未来をかけた
花嫁たちの数は4万人を超える
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
新天地での暮らしは厳しいもの
だった。戦争で戦った日本への敵意
そして人種差別。シアトル周辺には
百人を超える「戦争花嫁」が暮らして
いる。言葉も文化も違う異国での
生活。花嫁同士で励まし合い
支え合って暮らしを築いてきた。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
⇒●文章引用元URL●⇒
戦争花嫁たちのアメリカ
【BS1スペシャル】
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「終戦から2週間後日本政府は
RAA(特殊慰安施設協会)を設置」
して、国内(当時アメリカの領土に
された沖縄を除く)で総勢5万人の
進駐軍兵士向け慰安婦を募集した。
●=●=●=●=●=●=●=●=●=●
「兵士たちの慰安婦から1人の兵士
の伴侶になる道を選んだ戦争花嫁」
は1952年のアメリカ本土での
移民法の改正を期に進駐軍の兵士
である夫の本土への帰還に同伴し
太平洋戦争終結後の移民となって
その後の人生をアメリカで送った。
その渡米した「戦争花嫁」の人数は
4万人。つまり、4万人もの独身
の進駐軍兵士を「妻帯者」にした。
これにより、「婦女子狩りの夜襲」
に今後100%加担しない清廉潔白
な進駐軍兵士を4万人確保した
ことになる。これはまさしく、
勇気のある女性がか弱い婦女子を
間接的に守ったことになる。
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
この件について徹底的に知って
おきたい人の為の追跡調査記事
やはり米兵は鬼畜だったのだ!
┣━━━━━━━━━━━━━━┛
●RAA(特殊慰安施設協会)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
しかし、5万人−4万人=1万人。
もちろんその1万人の中には
単純に慰安婦を辞めただけの人も
いるだろうけれども、慰安婦である
自分を客として抱くものすごい数
のアメリカ兵士の中から最終的に
1人の兵士を伴侶として選んだ女達
だけでは無く、特殊慰安施設協会
(RAA)の遊廓以外の民間部門が
半年後に閉鎖されてからも、チップ
を払って自分を抱きたがる兵士が
何人もいることで自分の値打ちを
吊り上げ「売れっ子の路上売春婦」
となるべく女の魅力を磨くことに
明け暮れた女達(通称パンパン)も
いた訳だ。その「パンパン」の中には
いわゆるヤブ医者に頼んで、女体に
磨きをかけるべくジェル状物質の
注入で一時的にオッパイを膨らませ
ヤブ医者に報酬を払っていた女も
いたのだろう。そして自らの乳房を
汚染し、ジェル状物質の浸潤で乳腺
を再起不能にし、ジェル状物質の
全身への転移で自業自得の健康被害
さいなまれることになった。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
まさか、それから50年後の2000年
以降に再び、「ヒアルロン酸」と
「安直な自家脂肪注入」によって
同じ愚行と「自業自得の健康被害」
が繰り返されることになるなんて、
実に嘆(なげ)かわしい話だ。
┏━━━━━━━━━━━━━┓
古きをあたため新しきを知れ
ということなんだぞ大馬鹿者
┗━━━━━━━━━━━━━┛