懐メロ創作歌詞09用
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┳━┳━┳━┳━┳┳━┳━┳━┓
┣┫
╋━┻━┻━┻━┻┻━┻━┻━┫
憂慮すべき問題を発端から推移
まで徹底的に追跡調査した記事
の特集と成っています。以下の
目次は各記事を分割して開く
ための「軽量化リンク」です。
╋━━━━━━━━━━━━━━┛
┃┏「ぶっかけ」「BUKKAKE」
┃┃⇒「ブッキャキー」
┣┫男には射精する分だけの
┣┫快感があるが、女にとっては
┃┃汚く臭く、屈辱を呼び起こす
┃┗酷な仕打ちでしか無い。
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┣┳特殊で変態的な「見せるプレイ」
┃┗顔面射精は非現実的で不自然
女優も正直に嫌がって屈辱に
表情が歪む程の演技をしてくれ
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┣┳視覚的な題材としての顔面射精
┃┗ノンメリットな風習の起源とは
あまりの醜悪さに寄って:射:
再生機器も壊れるたかって:精:
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏粗すぎる藻細工を盾にした
┣┫擬似本番ピルを服用
┃┗してまで真性ナマ出し
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏卵巣での卵子の発育と排卵を
┣┫停止させるピルはAV御用達
┃┗の「ドーピング避妊薬」
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏CASE-STUDY
┣┫「エレベーター・ガールVS客」
┣┫パロディー・アダルト・ビデオの
┃┗二次的被害
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┣┳スペクタクルM字開脚・
┃┗指入れ攻撃・潮吹き
┣┳アクロバティック・高難度・
┃┗難儀な交尾の体位
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏「AV出演強要の被害者」
┣┫だと主張する女達が
┃┗擁護される為に隠している事。
ユーチューバー名:くるみんアロマ
2013年当時の芸名:瑠未くるみ
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏┳スティック状のキャンディーを
┣╋┫舐めさせられ擬似フェラを
┃┗┻撮られた過去で局アナ退社
パッケージの右下でひとりだけ
藻細工による汚染を免れている
┣┳松本圭世(かよ):子宝祈願の
┃┗飴を舐めさせられている画像
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫
┃┏AV出演強要と人権侵害
┣┫・・・出演を強要されても
┃┗成果を出せた女との違いは?
1作目のみで「次回作は無理」宣言
泡と消えた専属女優香川ルリカ
┃┏オール・ヌード寸前の
┗┫着衣エロス・モデルと性行為を
させられるAV女優との「落差」
┗┷┷┷●「軽量化リンク」〓≫


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
⇒●文章引用元URL●⇒
teacup.ブログ“AutoPage”
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◎相手の顔面を射精『ぶっかけ』
「ぶっかけ」とは
アダルト用語の一つで、相手の顔面
をはじめとして相手の身体の一部や
衣類、その他の性的対象物に射精し
精液をかける事。文字通り精液を
あちこちにかけることから
「ぶっかけ」と言う。
80年代、いわゆる顔面射精行為を
ぶっかけると言うことはあったが、
一般的用法の範囲に収まっていた。
90年代中盤に、 シャトルワン
(のちの シャトルジャパン )より、
「スペルマぶっかけ○シャワーズ」
が発売され、このシリーズの
エスカレートとともに、
多人数の射精専門のAV男優
(汁男優)が1人のAV女優の顔に
立て続けに射精するスタイル、
それを称して「ぶっかけ」物が
ジャンルとして確立した。
多人数による射精行為が発展した
経緯は、成年コミックとの関係
が深い。1985年に出版された
森山塔著「よいこの性教育」 では、
すでに多人数による射精行為が
描かれている。90年代初頭には、
成年コミック、また成年向け
同人誌において、顔射行為は
ポピュラーな表現となっていた。
成年コミックによる射精行為は、
人間による物理的制約がないため、
大量となる描写が多く、それを
実写で再現するために、汁男優
が登場したものと思われる。
のちの シャトルジャパン
のシリーズがアニメなどの
キャラクターを多く採用していた
ことからも、その関係がわかる。
ゲイビデオの中にも、
一人の男性に対して立て続けに
射精する作品があり、男女物の
アダルトビデオと同様に「ぶっかけ」
という表現を用いている。
「ぶっかけ」の起源としては外国の
ポルノビデオでのプレイである
「gangbang」(多数の男性が一人
の女性に対して性行為する事)を
挙げる向きもあるが、80年代末の
日本ではこれに類する行為がすでに
みられており、「ぶっかけ」が
「gangbang」の起源となったのか、
「gangbang」が「ぶっかけ」の起源に
なったのか、定かではない。
ビニ本や裏本などを除く書店売り
の出版物では、 大洋図書
「マスカットノート」(絶版)
1986年12月号において、
ヌードモデルの松岡愛子が
顔面に射精され口から精液を
流しているカットが登場したのが
最初と見られる。その後も
引き続き「ミルキー通信」(絶版)、
「Galsシャワー」(絶版)等で高い
人気となっていった。当時の
カメラマンは、単に女性の顔に
付着した精液を撮影するだけで
なく、ハイスピード連射機能など
高度な撮影技術を駆使し、勃起した
陰茎から糸を引くように射出されて
いく精液を描写したり、精液が
女性モデルの顔に当たり跳ね返る
様子を捉えるなど、躍動的な射精を
静的な写真に収めるための工夫を
いろいろと凝らしていた。
「ぶっかけ」関連の女優としては
倉沢七海、霧島アキなどが、
関連する集団には
S.P.C. などが、監督には
ラッシャーみよしなどがいる。
「ぶっかけ」は、アメリカの
アダルトビデオ業界で起こった
ジャポルノブームにより、日本が
生み出したジャンル、「Bukkake」
(ブッキャキー)として世界に
知られることになったが、
ヨーロッパ各国では顔射を
取り入れた、又それを主体とした
ハード(?)ポルノメーカーが
それ以前にも多く存在している。
「ぶっかけ」専門の風俗店も
2007年頃から現れている。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


⇒●画像引用元URL●⇒
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
良識によって書かれている文章を
保管しておこうと思いました。
それが複写の意図です。内容は
エロ業界の史実が冷淡に書いてあり
それゆえ、さまざまなエロ・メディア
に由来する「セックス・ファンタジー」
を緩和し洗脳によって汚染された
認識を浄化する助けとなるかと
考え、この文章の拡散を望みます。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
・・・最低限書くべきことをまずは
書いたうえで、この件についての
私見を述べようと思います。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
種々のエロ・メディア(美女画像の
グラビアや性行為を描いた漫画や
エロ・ビデオ)をオカズにして手淫
を行なう男にとって精液は絶頂感
の副産物であり、自慰行為の句切り
を告げる合図であり、快感とオカズ
を楽しんだあとのナマぐさい廃棄物
である。その廃棄をする方法は、
トイレット・ペーパーに吸わせて
から水洗トイレに流してしまうとか
そういう速やかな廃棄の方法が
望ましい。ゴミ箱にでも捨てて時間
を置こうものなら雑菌とかカビ
とかが繁殖してものすごい悪臭を
放つことだろう。それはもう
「イカくさい」どころの話では無い。
どうして「ぶっかけ」という表現が
生まれたのか。その理由は、
オカズを用いた手淫の1回分の
副産物である精液をオカズの側の
絵柄に採用することで、オカズを
より身近なものに感じてもらおう
という試みである。例えばモデル
となる女のほっぺたに白い精液が
付着しているという絵柄であれば
そのオカズの絵の中の精液に
自分が出した精液を重ね合わせて
そのエロ・グラビアのモデルを
身近に感じられるという訳だ。
つまり逆に言えば、自慰行為の
クライマックスで放出した精液を
さして凝視もせず廃棄物として
速やかに始末する男ならば、
「女の顔」プラス「付着する精液」
という「ぶっかけ」の絵にさして
ありがたみなど感じないはずで、
「俺の汚い精液が付いた女の顔」
という発想を沸き起こせるのは
自分が射出した精液に愛着を
感じるような変態趣味の男だけ
ということになるのだろう。
しかしそれでも、「ぶっかけ」の
もうひとつの謎は依然として残る。
「女の裸」に「付着する精液」ならば
まだ理解できる範疇にあるのに、
なぜ「ぶっかけ」は女の「顔」に
めがけて行なうものと決まって
いるのか?・・・この「謎」を「謎」と
思えるのが本来マトモな人間の
はずなのだ。これについての
解説は要るものなのだろうか?
パーティーで使うクラッカー、
円錐形をしていてその先端から
伸びているヒモを引っ張ると
紙吹雪とか細長いリボンとかが
飛び出してくる、あれを、
顔の前に近づけられてそのヒモ
を引っ張ろうとされたら、
どう思うか?かつ怖いからと
言っても逃げられないように
体ごと椅子の背もたれに縛られて
いたりしたら。自分の顔面の
どこに何が飛んでくるかを全く
予想できない。それって、
怖くないか?男女関係なく。
男にとっては、
女だから、いいのか?
逆に男優の顔面が「ぶっかけ」の
標的にされることは、ものすごく
考えにくい。それに守られて
自分の側(男)には危害は及ばない。
「ぶっかけ」の標的にされるのは
常に女の顔だ。だからいいのか?
その区別は関係ないだろ?
と僕は思う。
射精というのは、
第1発目のドピュンと
第2発目のドピュンと
第3発目のドピュンは
本当に、どの方角に向かって
飛んでいくのか全く分からない。
風俗嬢をしていて、口内射精を
数え切れなくされたことのある
女の子ならば分かることだとは
思う。第1・2・3発目のドピュン
はクチの中で不規則な場所に
当たるのを実感してきたはずだ。
その「射精」を顔の前で至近距離で
ぶっかけようとされたら
どれだけ怖いか。この時に
AV女優が必ず目を閉じるのは、
本当に目の中に入ってきて
結膜炎になったり失明したりする
可能性があるからだ。それを、
男が、自分達は標的にされること
は無いからという「安心感」で、
女に向かってそれをする?
それはいったいどれほど
極悪非道な仕打ちなんだ?
モテない男が、自分を
見下(みくだ)し蔑(さげす)んで
きた女どもに復讐をしたい。
綺麗にメイクされた美女の顔を
白濁液という欲望のエキスで
汚してやりたい。それは分かる。
ならば、そう思っていればいい
だけのことだと僕は思う。
わざわざそれを「ぶっかけ」の
エロ・ビデオで具現化して、
誰が得をする?
非モテの男は思念が暴走するだけ。
AV女優はすっぴんになるまで
顔を洗い流してメイクをやり直す。
そして諸悪の根源であるAV監督
は図に乗り増長するのだ。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
関連記事
変態的な「見せるプレイ」
顔面射精は非現実的で不自然
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓